2009年9月20日日曜日

SL動輪焼

大井川鐵道のSL車内でしか売られていない限定のお土産です。どら焼き……と呼ぶには気前が良すぎる餡子は甘さ控え目で、なかなかの美味♪

汽車ぽっぽ

大井川鐵道で銀河鉄道気分を満喫しております。旅のお供は謎めいた美女ではなく、大騒ぎする甥っ子ですが(^_^;)
ちなみに車掌さんは影のような男ではなく、ハーモニカを吹きまくる愛嬌のあるオジジでした。

2009年9月5日土曜日

意達『治』達

ウソのような本当の話。

●その1
先天性変形性股関節症の女性。いよいよ痛みが酷くなり、手術を受けることに。骨盤の一部を切り取り、股関節の噛み合いを変えるRAOという術式。「手術を受ける前に骨を強くしなくては!」と思った彼女はカルシウムやマグネシウムなどのミネラルをたっぷり含んだ硬水ミネラルウォーター『コント○ックス』を毎日ガブ飲み。

そして……

いよいよ手術当日。彼女の骨盤は手術用ノミをはね返すほど硬くなっていたという。「あんなに骨の硬い人は初めて。硬水があれほど効果を上げるとは信じられないけど……それにしても手術はやりにくかった」とは医者の弁。

●その2
子宮筋腫を患った女性。三陰交というツボが婦人病に効くという話を聞き、ひたすらここを揉んだ。三陰交の場所は内踝の上端から指3〜4本分上。このツボは少し強く押さえただけで飛び上がるほど痛い。ここを急所として狙い打つ武道があるほど。それでも彼女はヒマさえあれば涙をこらえつつグリグリ刺激した(ちなみに彼女は鍼灸師でも按摩師でもない。まったくの素人)。

すると……

数ヶ月後にはレントゲンにクッキリと映るほどだった大きな子宮筋腫が、目を凝らさなければ見つけられないほど小さくなったのだという。


この二つの話を「まさか?」と思うか「なるほど!」と思うかは貴方しだい。

私は「やっぱり!!」と思いました。意志の力は、時に私たちの想像を超える影響力を肉体に及ぼします。この二例でも効果を上げたのはミネラルウォーターや三陰交のツボそのものではなく、「治りたい!」という彼女たちの強固な意志なのではないでしょうか。

想うこと、願うこと、念じることは時に治癒を大きく後押しするのですよ。

2009年9月3日木曜日

ゲージツ的なエンジン

気がつけば9月です。またも更新をサボっておりました(^_^;)

ぎうぎうに忙しい毎日の中、あれやこれやと皆様にお伝えしたい新ネタも数々拾っちゃいるのですが……まずはやっぱりバイクネタから(w

ヘッドカバー、ケースカバーのバフ研磨と組付けが終わりました。

どーですか、このエンジンブロック、美しいでしょ〜♪ 発売当時、メーカーが誇りをもってエレガンス・オブ・ヤマハと称した造形美が甦りましたよ。

これで当面のレストア&カスタムは終了。当初の目的である伊豆箱根富士山周辺の日帰り温泉巡りの交通手段として、必要充分以上のマシンに仕上がりました。

ちなみにクランクケースカバーの交換組付けはあちこちのネジが熱と経年変化で固着しており、私の手にはおえずにバイク屋さんに持ち込みました。素人仕事の後始末を飛び込みで依頼したにもかかわらず、嫌な顔ひとつせず引き受けてくれた富士市中里のBuddys Bikeさん、ありがとうございましたm(__)m