2011年2月28日月曜日

あしたか健康通信第三号

あしたか健康通信第三号が完成しました。画像をクリックすると拡大します。

《目次》
おしえて!院長先生 〜Q&A お子さまの脊柱側わん症について
院長の書棚から   〜『決定版 真向法』



↑の割引券はプリントアウトでも有効。ぜひご持参くださいな♪

関連痛とメディア・バイアス

「この痛みって、もしかして膵臓が悪いってことないですかねぇ」

「これって胆石から来る腰痛だったりしませんか?」


腰痛、あるいは背部痛に悩む患者さんによく聞かれます。

内蔵に癌などのトラブルが起きると、問題の部位とは関係ないはずの体表に痛みが出ることがあります。いわゆる『関連痛』です。

なぜこのようなことが起こるのか? ざっくり説明しましょう。人間の神経は脳から太い神経の束(脊髄)が背骨の中を走り、そこから背骨の関節毎に枝分かれして全身にのびています。この時、小分けされて背骨から出てきた神経の束には、体表の感覚を知覚するための神経と、内蔵を司る神経が一緒になっています。

関連痛はこれらの神経伝達が何らかの理由により入れ替わって、内蔵の異常を伝える信号が体表感覚を担当する神経に伝わってしまう症状。つまり、関連痛とは『神経の混線による脳ミソの勘違い』なのです。

もちろん軽視はできませんが、けっして一般的とはいえない症状。それなのにかなりの数の患者さんが関連痛について口にするのはどうやらテレビの影響らしいです。『た○しのブラック○スピタル』とか、『みの○んたのおも○っきりテ○ビ』とか、『ある○る大○典2』とかで取り上げられたのが口伝えに広がり、酒を呑む席で腰痛を愚痴れば「それは膵臓だよ」と同僚や友人に言われ、不安が大きくなって……よくあるケースです。

「この痛みを見落とすと命にかかわる!」とやたら不安を煽ったり、「これで絶対に治る!」といったキャッチーな紹介の仕方をするテレビ番組。結果、視聴者は右往左往することに。先にあげた番組はいずれも何らかの問題を起こしており、番組自体は終了しています。しかし、本質は変わってないんですよねぇ。こーいう垂れ流し、そろそろ止めてほしいもんです。

ちなみに当院の患者さんで、正真正銘ホンモノの関連痛だった方は片手で数えられるほど。キチンと統計として数字を出すには分母が少なすぎますが、その発生頻度は皆さんが思っているよりも遥かに低いです。

それからもうひとつ。どうしても不安を感じる方は、精密検査のできる大きな医療機関へ足を運びましょう。「検査して悪い結果が出たら怖いから……」ってのは本末転倒ですよ!

2011年2月17日木曜日

脱衣かご



『脱衣かご』を買い替えました。

今までは某ホームセンター製のメイズバスケットを使っていましたが、見てるとコレがなんとも使いにくそう。床に直置きしてあったため、腰や膝の悪い方は荷物を入れるのにも出すのにも大変。目にも入りづらいために上着とバッグを抱えてキョロキョロする患者さんに「こちらをお使いください」と何度お声をかけさせていただいたことか。

「こらぁ、どんげかせにゃいかん!」

買い替えるなら脚付き&容量多め、そして施術室の雰囲気にマッチする素材の品。しかし医療備品として売っている品は愛想のないプラスチックのかごとスチールの脚。これじゃ、ちょっとなぁ……。

てなワケで探し続けて約2年。やっと気に入った品を見つけました。

大きめの藤編みバスケットに脚がついたシンプルなデザイン。高さは約60センチで腰を屈めずに荷物を出し入れできます。

さっそく施術室に置き、患者さんを待ちます。

玄関を入ってきた患者さんは、なにも言わなくても真っ直ぐ脱衣かごに向かい、当たり前のように荷物を置きます。お二人目も、三人目の方も……私、心の中で小さくガッツポーズ!

やはりそれ専用に作られている品だけありますね。少々値が張りましたが、これで患者さんの快適度が上がり、気持ちよく施術を受けていただけるのならば結果的には安い買い物です。

2011年2月14日月曜日

無印良品な壁



とある理由(?)から、施術室のインテリアが急速に無印良品化。今日追加したのは壁に付けられる家具・棚です。超音波アロマディフューザーのベストな置き場所となり、壁掛け式CDプレイヤーに掛かっている“Now Playing”のジャケットを飾っちゃったりして。

微妙に水平が出てないのが気になるっちゃあ気になるけど……ま、大目に見てやってください。棚は曲がっていても、骨はきっちり調整しますからw

2011年2月10日木曜日

苔玉


ニュースでは「新型インフルエンザの流行もひと段落」と言われていますが、気候の変動の激しくなり、年度末も目前となり疲れも溜まってくる今頃が実は一番アブナい。

当院でも多くの患者さんが出入りしますので、なにかと神経を使います。

厳冬期は加湿器フル稼働でしたが、この時期は加湿器ではトゥーマッチ。すぐに結露してしまうし、院内の空気がジトっとしてしまうのもいただけない。それでも、やはりウィルス対策のためにほんの少しだけ湿度を上げたい。

そんな時にちょうどいいのが“苔玉”なのです。

粘土の団子に苔を巻き付けて観葉植物を植えたなんちゃって盆栽。苔は乾燥を嫌うため、毎朝受け皿に水を足し、数日おきに苔玉自体を水に浸けて水分を含ませるなどの世話が不可欠。実はこれが適度に室内の湿度を上げてくれるのです。要は「室内に濡れタオルを掛ける」という昔ながらの湿度調整法とリクツは同じですね。

ちょっとだけ面倒な世話も楽しみのひとつと思える方にはおすすめですよ♪

なお、患者さんのお顔まわり、首まわりに直接触れるベッドや胸枕などは、これまでのアルコール清拭に加えて、多くの病院などで採用されているウイルス・細菌除去剤ゼオミストの使用を始めました。富士市今泉の東海科学さんから購入。消臭効果もあり、花粉症予防にもなるとのことなので、通年で活躍してもらうことになりそうです。

2011年2月8日火曜日

リステリン トータルケア

 
「なにやら凄い効果のリステリンがあるらしい」との情報を目にしたのはいつごろだっただろうか? どこでその情報に初めて接したかさえも定かではない。たぶんツイッターのタイムライン上だったと思う。

曰く「使うと歯の痛みがあっという間に消える」「歯に開いた穴が埋まる」「虫歯知らずになれる」「口臭やタバコの匂いがすっきり消える」

曰く「カンボジアとタイでしか売っていなくて、現地からのお土産品として密かに流行っている」「薬事法に触れるのでオークションなどでは出回らない。日本では幻の品である」

曰く「これが日本に入ってくると商売上がったりになるので、歯科医の団体が圧力を掛けて反対をしている」

そりゃ凄い。私も客商売をやっている者のハシクレ、お口のエチケットには常に神経を使っているので話半分としてもやはり印象には残る。

んで、その「噂の『リステリンNo.6(トータルケア)』が日本でも発売になる!」と話題になったのはその直後。恥ずかしながらすぐに飛びつこうとしましたが、近所のドラッグストアやホームセンターではどこも品切れ。探しまわって買っちゃいましたわ、私w

で、使い始めて間もなく、今度はこんな話が聞こえて来た。

曰く「現地(タイ、カンボジア)モノとは成分が違うので正規品は効かないらしいぞ」

曰く「どうやらフッ素の量が違うらしい」「いやいや、フッ素入りの歯磨き粉はこれまでもあったから、何か別に秘密があるはずだ」

はてさて、どうなってるのやら?

えーと、正直に思ったままを申し上げてよろしゅうござんすか?
コレって、新手のマーケテイング戦略ではないでしょうか。

誰が言ったか知らない出所不明の商品情報がネットを駆け回り(その拡散媒介としてツイッターは最適)、その直後にソレが手に入るとしたら……買っちゃいますよねぇ。しかも、デンタルケア関係の品は薬用(リステリンは医薬部外品)であるとともに嗜好品の色合いも強いから、そういったストーリー付きの商品は耳目を引きやすく、習慣性の法則から一度手に取れば次も買ってくれる可能性は高い。しかもしかも、リステリントータルケアは洗口薬ではなく液体歯磨きだから、これまでのリステリン・シリーズとは違って毎回必ずクチュクチュやるため減りも早い!?

私じゃなくても穿った見方をしますよねぇ。もし、ここまでの流れを狙ってやったとすると、マーケティングの教科書に載せてもいいくらいの大成功なんじゃないでしょうか?

冷静に考えてみましょう。

そんなに効果があるのならジョンソン&ジョンソンのお膝元であるアメリカ合衆国でもっと話題になっているはずなのに、FDA(アメリカ食品医薬品局)が現在のところ「虫歯予防に効きますよ」と正式に認めたのは歯の表面へのフッ素塗布のみ。なんででしょうねぇ?

タイやカンボジアにも歯科医はいますよね。そんな「歯医者殺し」的な商品が広く出回ったら、日本の歯科医と同じように困るはずなのに、その人たちの商売には響かないんですかねぇ? やはり団体あげて反対してるんでしょうか?

そもそも以前から「洗口液は虫歯予防に効果なし」って散々言われてませんでしたっけ?

それでもまぁ、まったく意味のない商品だとは思いませんよ。「凄く効く」というストーリーを信じればこそ、毎日クチュクチュやって、一生懸命ブラッシングするでしょうから。商品それ自体に効果がなくとも、毎日の歯磨きという行為は必ずあなたの歯を守ってくれます。そして、毎食後の歯磨きが習慣になれば……ほら、健康な歯があなたのものに♪

しかし、なんだかため息出ちゃうなぁ。医療関係、健康関係って、あっちもこっちもこんな商売ばっかり。悪いっちゃ言わねぇけど……なんだかなぁ。私も整体院の売り込みに、このフォーマットを見習ってなんか仕掛けてみようかなぁ。

「何バカいってんの、あなたには無理無理!」とすかさず嫁さん。

「こういう商売は、誰にでもシレッと嘘をつけて、それを信じさせられる人しかできないの! 私相手でさえ嘘をつき通せない人が何をやってもバレバレでしょ!」……確かに。

というワケで、明日もあしたか気功整体院は馬鹿正直に営業いたします。それしか道はないものなw

2011年2月2日水曜日

ホットパック♪

慢性の肩こりや腰痛、ひざ痛などは患部を温めると痛みが緩和され楽になります。当院でも患者さんに白元のゆたぽんや、久光製薬の直貼などの温熱用具をおすすめしてきましたが、今回はご家庭で簡単に作れて繰り返し使えるホットパックの作り方をご紹介したいと思います。


《ホットパックの作り方》

1.準備するもの。
紙オムツ(高分子吸収体を使用しているもの。今回は大人用Lサイズを用意しました)
チャック付きビニール袋(今回使ったのは発泡酒のオマケに付いて来た冷凍保存パック、サイズは170×240mm)



2.紙オムツを切り開いて中の綿(高分子吸収体の粉付き)を出します。


3.綿を細かくちぎりながらビニール袋に詰めます。(今回は3つに分けました)



4.高分子吸収体が水を含んで弛めのゼリー状になるまで水を入れて、中の空気を抜くようにチャックを閉めます。(今回は約600ccの水を入れました)


5.電子レンジで2〜4分加熱して出来上がり。念のための低温やけど予防にタオルや手拭などで包んで患部に当ててください。



・表面温度38〜42度の温熱効果が60分程度持続します。
・電子レンジで再加熱し、繰り返し使えます。
・柔らかいので身体のどこにでも当てることができます。

私の妻も股関節の手術で入院していた際によく使っていました。病院では用心のためにビニールを二重にしていたとのこと。ジンワリとした包まれるような温かさで患部の血行をうながし、筋肉をほぐしてくれます。慢性痛にお悩みの方は、ぜひお試しを♪



※この記事を執筆するにあたり、看護のお仕事をされているソフィーさんのページを参考にさせていただきました。