2013年10月24日木曜日

三つ子の魂 杵柄取ったら 踊り忘れず




 私がキャンプ遊びを覚えたのは大学に上がった18〜19歳の頃。当時憧れていた風間深志さんのお店に入り浸って少しづつ道具を買いそろえ、その頃乗っていたヤマハDT50のリアに括り付けて気分だけはパリダカールラリー……だが、実際にテントを張って野営したのは数えるほど。せいぜいがアパートの室内で液燃ストーブを焚いて火事を起こしそうになったり、アーミーナイフを持ち歩いてまわりに見せびらかしたりが関の山。

 そんな妄想キャンパーが何を思ったのかキャンプ道具一式を抱えてオーストラリアに渡ったのが21歳の時。ワーキングホリデー制度を使っての渡航だった。

 シドニーでポストオフィス払い下げのおんぼろホンダCT110(ハンターカブ)を買い、目指すはオーストラリア大陸一周。あちらではハイウェイ沿いの町々にキャラバンパークと呼ばれるキャンプ場があり、そこを泊まり歩きながら旅をしようという算段。

 野球をやったことないのにいきなりメジャーリーグに挑戦……という例えは少しオーバーかもしれないが、未経験者同様の素人がいきなり海外キャンプツーリングなど今考えればムチャクチャである。案の定、散々泣きを見た。寒さに震え、暑さに悶え、バイクは故障、食い物の違い、言葉や文化習慣の壁。よくもまぁ死なずに帰ってきたもんだ。出会った人々の助けがあったればこそである。

 もちろん、素晴らしい経験も数々あった。大陸のど真ん中、連中が言うところの"middle of nowhere"の静寂、地平線まで続く真っ直ぐな道、海岸線から100キロ以上離れた荒野で嗅ぐ潮の匂い、満天の星空は南半球の見慣れぬ配置。酒の味を覚えたのもあっちだったなぁ。ま、それらはまた別の話だ。

 帰国後、ちょこちょことキャンプ遊びは続けていたが、いつの間にか興味は失せ、キャンプ道具は仕舞いっぱなし。「俺はもう散々やって卒業したから」と聞いた風な口をきくように。

 それが昨年12月、バイク仲間に誘われて久しぶりの野営。物置からキャンプ道具を引っ張り出して、テントに霜が降りるような寒空で一晩寝たら……なんだかスイッチが入ってしまったようで、そこからキャンプ遊び復活。


 オーストラリアでも使った古いテントを繕って撥水加工を施したり、煤まみれヘコミだらけのコッヘルやパーコレーターを磨いたりして20数年モノの道具を手入れしては喜び、シュラフやマット、ランタンなどを買い替えてその進化に驚き、時の流れをしみじみ感じ入る始末。

 現在ではひと月に1〜2回、暇な平日の昼間にフラッとバイクで出かけ、伊豆や朝霧高原、富士五湖など近場のキャンプ場に幕営。星空の下、普段は呑まぬ酒をやりながら、焚き火を熾し、飯を炊き、肉なんぞを焼き、何年習っても上手にならないハーモニカをプカプカやって悦に入っている。たまには貧乏学生時代に食べたくても買えなかった食材(それでも高くてせいぜい千円前後の品なのだが)を前に一人ほくそ笑んだり。


 翌朝はコーヒーとパンの朝食をすませて素早く撤収。昼前には帰宅して仕事に戻る。嫁さんには「なにが楽しいの?」と呆れられ、私自身も「なにが楽しいんだろ?」と自らに問うも「だって楽しいから!」としか答えられず苦笑い。まぁ、夜の巷で鯨飲したり、おネェちゃんと戯れたりするよりはずっと安上がりだし健康的なので、これもまた良し。

 患者様におかれましては、電話(院を出る時には携帯電話に転送しています)にて「ごめんなさい。今、伊豆(西湖、あるいは朝霧)にいるんで!」と私が謝った際、あるいは留守番電話に転送された際には、ご迷惑をおかけしますが「ああ、またどっかでキャンプしてるんだな」と思ってやってください。リフレッシュ後はいつも通りキッチリと施術させていただきますので。

2013年10月21日月曜日

悲母観音 


その若いお母さんがひどい腰痛で来院されたのは、産後数か月のことでした。まるでロボットのようなぎこちない歩き方、診療ベッドの上がり下りや、ベッド上での寝返りでは痛みで唸るような低い悲鳴を上げるほど。

 痛みは出産直後から。以来、苦痛に耐えながら歯を食いしばって育児を続けてきたとのこと。「でもね、赤ちゃんを抱っこもしてあげられないダメな母親なんです」と、ほろほろ涙をこぼします。

 そんなことない。彼女は少しも悪くありません。

骨盤は背骨の一番下にある仙骨と、その左右にある羽根のような二つの腸骨の三つの骨が組み合わさってできています。

 出産時、左右の腸骨をつなぐ恥骨結合が緩み、腸骨が広がることによって産道を確保、出産となるのです。

 そして出産後、広がった骨盤は約一ヶ月ほどかけてゆっくりと正常な位置に戻ってきます。日本では昔からこの期間のことを『産後の肥立ち』と言い、安静にして母体をいたわるのが当たり前でした。

 ところが彼女の場合は初産、しかも帝王切開で出産したわずか三日後から「動かないと手術痕が癒着するから」と立って歩かされたというのです。「痛くて痛くて倒れそうになりながら病院の廊下を往復しました」

 そのせいで仙骨と腸骨の継ぎ目である仙腸関節が正常な噛み合わせに戻らず、体重がかかると強烈な痛みが出てしまうようになったのです。私に言わせれば、こんな無茶はありません。病院に対して怒りさえおぼえました。

 骨盤の調整は当流のもっとも得意とするところ。「大丈夫、必ず治るから。赤ちゃんを抱っこできるようになるからね」と彼女を励ましながら施術すること数度、徐々に痛みも引き、骨盤の状態も安定。

 最後に「これで様子を見てごらん。痛くなったらまたおいで」と彼女を帰したのが一年以上前のことでした。

 先日、その彼女から再び電話。

「お久しぶりです! 二人目を出産したのでまた診てもらいたいんですが」

 元気そうな声。嬉しかった。本当に嬉しかった。来院した彼女は母親としての強さと自信に満ちあふれています。蒼い顔の不安そうな女の子はもうどこにもいません。聞けばあの後、痛みは噓のように消えたと。おそらくは初めて見たであろう彼女の心の底からの笑顔は、私にとって何よりのご褒美となりました。


 妊娠出産は女性にとって一世一代の大仕事であり、母体へは大きな負担がかかります。これはどんなに医学が進歩しても変わることはありません。当流には、そんな女性の命をかけた頑張りを助け支えるための技術が四百年以上前より伝わっています。
 特に産後の不調は骨盤の異常に端を発していることが珍しくありません。お悩みの方、ぜひ一度当院にご相談ください。

2013年10月18日金曜日

殺されるより始末が悪い



『医者に殺されない47の心得』(近藤 誠/アスコム)なる本がベストセラーとなっています。

 私も読んでみました。内容を要約すると『余計な心配を増やすだけだから検診は受けるな。薬は新たな病を呼び込むだけだからできるだけ飲むな。ガンの治療はするな、手術はできるだけ受けるな』と。

 私自身、ガンが他人事とはいえない年齢に差し掛かっていることもあり、なかなか面白く読ませてもらいました。

 本書中にはお医者さんのトンデモ話が数多く紹介されていますが、これは何もガンなどの命に関わる病気に限った話じゃありません。逆に腰痛や肩こりなどは『命に直接関わらない』だけに、呆れるのを通り越して笑っちゃうくらいのトンデモが日常的に行われているのが現状です。


・とりあえず湿布を出す。

 患者さんが「痛い」と言えばまず湿布。急性痛でも慢性痛でもお構いなし。そもそも湿布薬は炎症を起こした患部を冷やすために考え出された処方。昔は水で溶いたメリケン粉をガーゼに塗って患部に貼ってたんです。なお、スースーするのはハッカの成分。薬でも毒でもない。気休め以上にはなりません。家庭で簡単に氷が出来る現代においてはアイシングをかけた方がはるかに効果的です。

 温湿布も然り。練り粉の中にカプサイシン(唐辛子成分)などの熱を感知する神経に作用する物質が入っており、それによって湿布を貼った部分を身体が「暑い」と勘違いし、皮膚温度を下げるために血流を増やします。その結果体表の温度が1〜2度上がるのです。そんなまどろっこしいことをしなくても肌着の上からホッカイロを貼るだけで40度前後まで上がります。

 最近ではモーラステープに代表される経皮鎮痛薬を乱発するお医者さんも多いですが、光線過敏症などの副作用の報告も多々あるのに、よく使うなぁと少々呆れております。

・レントゲンやCTスキャン、MRIなどを使っても原因不明。

 激痛でのたうち回っているのにお医者さんに「どこも悪くない」と言われた末に来院した方に多いのが椎骨(背骨)の圧迫骨折。触診すれば分かりそうなものなのにねぇ。それでなくとも「最近のお医者さんはパソコンの画面ばかり見て、私を見ない。触りもしない
」との愚痴をよく聞かされるので、さもありなんといったトコロではあります。

・曰く「軟骨がすり減って骨同士がぶつかってる」

 え〜と、そんな状態であればすぐにでも手術が必要になると思いますが? 中には「軟骨は減ったら再生しない」というエセ健康食品の嘘っぱち宣伝文句そのままに患者さんを説き伏せようとしたお医者さんもいらっしゃったようです。……なんだかなぁ。


 こんな事例を挙げていけば、私の場合47では収まりきらないかもしれません。


 一般的に腰痛や肩こりで命を落とす人は稀です。大手術や高価な新薬も使われることはありません。あえて意地の悪い言い方をすれば『商売にならない』ために現代医学では後回しにされてきた分野といっていいでしょう。

 しかし、命に別状ないからって痛みを放置していいって話にゃなりません。豊かでより良い人生を送るのに痛みは大敵です。当流では四百年以上前からそのことを熟知し、技術の研鑽と伝承を続けてきました。「どこへ行っても治らない」とお悩みの方、ぜひ一度当院にご相談くださいませ。

タイ王国の諺に曰く「早道をしたければ古い道を行け」ですよ。

2013年10月11日金曜日

商売雑感

夫婦共々気に入って、ここ1〜2年ほど通っているラーメン屋へ。

店主は留守。店員と他の客との会話を聞くとはなし聞いていると、関西方面へ勉強のために長期で出かけているらしい。Facebookでここ最近各地のラーメンの名店を飛び回ったり、短期の修業に出ているらしいのは知っていた。

「頑張ってるんだ。人を雇って自分が休めるほど商売も好調って今時羨ましいよなぁ」

で、いつものラーメンが出てくる。ひとくち啜って……言葉がない。丼から目を上げると嫁も複雑な表情をしている。ここは黙って箸を進める。

店を出て、クルマに乗り込んでからポツリ。

「味……落ちてたよなぁ」
「今までのと別のラーメンみたい。出汁から違ってた」

私も嫁さんも、どこぞのニヤついたイタリアンシェフのような『絶対味覚』を持っているわけではないが、二人が二人とも味の変化に気が付いたということは、他のお客さんもきっと同様だろう。

以前、私の大仰な褒め言葉に、若い店主は「僕は本格的なラーメンの修業をしてこなかったから、時々味が変わるんです」と照れながら謙遜してみせた。確かにその通りだったが、変化はしても決して劣化はしていなかった。しかし残念ながら今回は違うのではないだろうか。

これが店主が長期間店を空けていることと関係ないはずがないだろう。大好きな店なだけに残念であり、一時的であってほしいと願う。店主が厨房に戻ることで元の味を取り戻してほしいものだ。

いつも同じクオリティを維持して仕事をするというのは難しい。もちろん御代を頂く以上は平均点以上は当たり前。私自身も常々悩むところではある。

「あそこの先生、最近バイクに乗って遊び回ってばかりいるから腕が落ちたわよ」などと噂されないようにしなければ。さらなる精進が必要だろう。

********************

私は散髪を近所の激安大手チェーン店でやってもらっている。

月に2回、注文はいつも決まって「横と後ろは刈り上げて。上も短く!」

その時々によって担当の理容師さんは変わる。腕もまちまち。
豪快な感じさえする大柄な男性が、チビチビと神経質に切り進め「まだ長いですか? もう少し短くしていいですか?」と再々鏡を持ち出す。

有無を言わせずバリカンでガガッと青々と刈り上げてしまう女性。うん、リクエスト通りで文句はないんだけど、もうちょっと丁寧に扱ってよw

顔を当たる若いお兄ちゃんの手元がおぼつかないと思ったら、本式の剃刀ではなくI字の安全カミソリを使ってて「これじゃ仕方ないわなぁ」と思っていたら、何も言わずとも熱心に鼻下髭のキワを整え始める。あの兄ちゃんはきっと腕を上げるだろうなぁ。

シャンプーでは客の誘導の手際が如実に表れる。同じ言葉遣い、同じ手順、似たような力加減でも王侯貴族のような気分にさせてくれる担当さんもいれば、自分の頭がジャガイモか何かのように突っ転がされている気分になる時もある。

職種こそ違えど同じくサービス業に携わる者として、サービスを受けながら、その難しさを改めて感じる貴重な時間だったりする。

先日気付かされたこと。
お客さんのお返事を受ける際、その言葉に被り気味にさらに言葉を返すのは止めた方がいいな。私も施術中によくやってしまうが、これは宜しくない。自分がやられてみて気分が良くないのがよ〜く分かった。確認のための問いかけで返事の内容はわかっているとしても、まずはしっかり受けとめるべき。

まだまだ勉強することはいくらでもある。

********************

開院当初からお世話になっている広告会社の担当さんが結婚出産を機に休職し、引き継ぎの挨拶に来たのはいつだったか。

その時、新担当さんに「例年お願いしてるんだけど9月には折り込み広告を入れたいし、11月に周年記念のご案内ハガキか、もしくは年賀状の印刷も頼むつもりだからよろしくね」と伝えたはずなのだが、それっきりで音沙汰もない。

小さな仕事だから忘れられてるのかもしれないけど……残念だなぁ。前の担当さんは抜けてるトコロもあったがとにかく一生懸命な女性で、非常に良い仕事をしてくれていた。

これじゃせっかく彼女が作り上げて来た信頼関係が無駄になってしまうよ。

とはいえ私自身もせっかく頂いた御縁を踏みにじって、後ろ足で砂をかけるような真似を何度もしてきた。不義理の末、二度と顔向けできない人は両手両足じゃ足りない。『人間失格』とまでは言わないが、恥の多い生涯であることは間違いない。

エラそうなことを言えた義理じゃないから説教なんかする気もない。もし、ここを見てたら電話してよ。一回お茶くらい飲みにおいで。大丈夫、顔は怖いかもしれないけど鬼じゃなし。取って食ったりはしないからw

2013年10月7日月曜日

赤ひげ先生


「ばかもん!!!
なぜこんなに酷くなるまで放っておいたッッッ!」

……と、開口一番に患者さんを怒鳴りつける整体やカイロプラクティックの先生がいます。どうも近隣にもそんな先生がいらっしゃるらしく、当院においでになる患者さんからも噂を聞きます。

まるで三船敏郎演じる赤ひげ、
あるいは萬屋錦之介の破れ傘刀舟のような
豪放磊落な熱血先生?

残念ながら違います。

実はこうやって患者さんを怒鳴るのは
言うならば営業のための一種のセールストーク。


初手で怒鳴りつけることで自分と患者との間の力関係を刷り込むのです。「先生は偉い、先生は怖い」と思わせれば、術師の意向が通りやすくなります。

有り体に言えば……

・再来院に導きやすくなる。

・健康法や器具、サプリなどの商売へつなげる。

・さらには、なかなか治らない時に「私が放っておいたから痛みがとれないのだ」と自分自身を責めてしまう。

「あなたも一週間で整体師に!」などというインチキくさい講座やスクールでもう何十年も前から伝授されている実にクラシカルで典型的な手口なのです。

民間療法も商売のひとつである以上、こういった手法を選択する方を責める気はありませんが、けっして感心はしませんねぇ。

私たちの仕事は、どんな手を使っても患者さんの痛みや苦しみを取り去ること。しかしねぇ、ヤクザまがいに脅し透かして痛みが飛んでいってくれるのなら私も苦労はしませんて。


なお、これに似た手法として、赤ひげ先生よろしく髭を生やしたり、丁髷を結ったり、髪を染めたり、ピアスやネックレスなどの装身具を付けてみたりと、見た目で一般人との差異をアピールする場合もあります。

ちなみに最近あしたか院長も髭を生やしはじめていますが、これはコケ脅しのためではありませんので念のため。冬場にオートバイに乗ると鼻水が出てきます。その時に鼻下髭があるとみっともなく青っ洟を垂れ流しながら走らずにすむのですw

2013年10月1日火曜日

一年ぶりのご無沙汰でした。

久方ぶりのご挨拶。

一年以上動きの止まったブログに、
経営危機説や院長失踪説などが
噂されたとかされないとか
言われてはいないようですが……

あしたか気功整体院、潰れておりません。
日々渾身の施術をもって絶賛営業中です!

だってぇ……忙しかったんですもの。

バイクに乗ったり…… 
自衛隊の護衛艦に乗っけてもらったり……

戦車を見に行ったり……

友人たちとツーリングに行ったり……

バイクで転倒したり……

   
キャンプしたり……

同好の士と集まったり……


猫と戯れたり……



ええ、言い訳は致しません。
遊び惚けておりました。
更新が滞っていたのは全て私の不徳の致す処、
慎んでお詫び申し上げます。

今後はもっと頻繁に更新を……とお約束したいところですが、
まずはリハビリを兼ねてボチボチと参ります。
お暇なら時々覗いてやってください。

まずは取り急ぎ生存確認と近況報告のみにて失礼いたします。