2014年1月19日日曜日

使い捨てカイロと逆張りマスゴミ

 年明け早々から厳しい冷え込みが続き、寒さから体調を崩される方も多い昨今、私自身が実践し、患者さんにもオススメしている防寒法があります。

やり方は簡単。

使うのは貼るタイプの使い捨てカイロを2枚。

肌着の後ろ襟のすぐ下と、パンツ背中側、腰ゴムのすぐ下に貼っておく。

 たったこれだけ。だまされたと思って試してみてください。身体がぐんと楽になります。

 なぜか? 人間は呼吸も含めたあらゆる動作において、計24個の背骨をすべて使っています。ところが冬場には背中の筋肉が緊張してしまうので、身体が固くなったように感じ、動きづらくなってしまうのです。

 我々の身体がその生命を維持するためにまず内蔵の働きを守ろうとします。そのため冬場は血液を内蔵に集中させたり、体幹部の筋肉を緊張させて熱を発することにより、身体の中心を優先的に温めようとするのです。女性に多い末端冷え性も大多数はこれが原因です。

 背骨を使い捨てカイロで上と下から直接温めることにより、背骨周辺の筋肉靭帯が緩んで動きやすくなるとともに、体幹部が温まることにより、手足への血流の増加し全身に熱が廻ります。

 さらには、背骨の中には脳から一番下の仙骨まで太い神経の束が走っています。実は、神経自体も温めることによりその中を流れる信号のやりとりがスムーズになるのです。つまりは脳と身体各部の連携がスムーズになり、体調も自ずから整うというワケ。

 まぁ、小難しい理屈はどうでも、やることは使い捨てカイロを貼るだけ。手間も高額な費用もいらず。注意すべきは低温やけどだけ。言うことなしの防寒健康法なのですが……。

 いつものように、この方法を患者さんに説明していた際に耳を疑うような質問をされました。

「でも、先日テレビ見てたら、腰にカイロを当てるのは神経が乱れるからやっちゃダメだってお医者さんだか大学教授だかが言ってたんですけど……」

 これを聞いた時、私は呆れて二の句が接げませんでした。

 この発言をした偉いセンセイが言いたい“神経”とは自律神経のことか、交感神経と副交感神経のバランスのことか、私自身は番組を見ていないので分かりませんが、確かに変調を起こすのは間違いではありません。そしてその結果、上に書いたような身体にとって良い効果が表れるのです。なにをもってダメだと言ったのでしょうか?

 もっと言えば、このセンセイは何をもって“神経が良いバランスを保っている”と判断するのでしょうか? 暑さ寒さ、食事、飲酒、睡眠、運動、お茶や珈琲を飲んでも、刻々と神経のバランスは変化し、それによって肉体の恒常性を保とうとするのが生命維持活動の根幹であるはずなのに。

 下品な引き笑いをする出っ歯の関西芸人が司会の「ほんまでっかぁ〜!」と大げさに驚く番組など、一般的な常識を大げさに否定して“逆張り”することによって視聴者の耳目を引こうという番組が散見されます。

 そうやってセンセーショナルにブチ上げると、結果そのお題目だけが視聴者の印象に強く残り、もしもその後にフォローするような解説をしていたとしても、誤った認識だけが広がることになりかねません。

 東日本大震災以降『地震』や『放射線』についても同様の事が言えるし、今回の瀬戸内海での自衛艦と遊漁船との衝突事故についても呆れるくらい事実と異なる報道がなされています。真実を伝えることが彼らの役目のはずが、真実を隠してミスリーディングしようとしか思えない報道も。これではマスコミではなく『マスゴミ』と揶揄されるのもむべなるかな、と。

 いやはや、最後は思わぬ愚痴になってしまいましたが……

あしたか院長おすすめの使い捨てカイロ防寒法は『百益あって一害なし』です! ぜひとも試してみてくださいね。
※ただし低温やけどにはくれぐれもご注意を。
就寝時にはカイロをはずしてくださいね。

2014年1月12日日曜日

ヒートショックにご用心

「夜中にトイレに起きたり、朝起きる時にヒドい目眩(めまい)がするんです。今までこんなことなかったのに……それで心配になって……」

 この冬、そう訴えて来院される50歳〜60歳代の患者さんが少なからずいらっしゃいます。お身体を診せていただきつつ、お話を伺うと「寝室が寒い」や「汗かきで寝間着を着込みたくない」などなど。

 これは一般的に『ヒートショック』と呼ばれる症状の予兆です。

 少し難しい話をすると、人間の身体は常にその状態を一定にしようとする調整機能が働いています。難しい言葉では『ホメオタシス(恒常性)』といい、自身の生命活動を維持するために体温や血圧、血糖、免疫などを全自動で調整しているのです。

 さらに言うと、この自動調整機能には“夏モード”と“冬モード”があり、季節に応じて調整法を変えているのですが、今シーズンは気候の変化が急で『秋』がありませんでした。半袖で汗を拭き拭きしていたのが、翌日にはダウンジャケットを着込んだ方も多いのではありませんか?

 夏から一足飛びに冬になってしまったため、この体内の調整機能が上手に働いていない方が多いのです。

 それに加えて、この冬の寒さです。暖かいお布団の中と、冷え込んだ室内(あるいはトイレ)との温度差、脳と心臓が水平になっている横たわった状態から、立ち上がって脳が心臓より高い位置への変化。これらに上手く順応できないため、脳が貧血状態になり急激な目眩が起きてしまうのです。

 私から提案させていただく対応策は以下の通り。

1、寝室にエアコンが設置してあるのであれば、起床時間に合わせて入タイマーを。

2、寝間着を調整して、肩や首を冷やさないように。襟元にタオルを巻く。綿入り半纏を羽織ってお布団に入るなどして防寒を。
 なお、私自身も就寝時には必ず袖無しの羽毛半纏を着るようにしています。

3、トイレ暖房を検討する。便座ヒーターや、入室時だけスイッチが入る温風ヒーターなども販売されています。

 また、浴室もヒートショック症状が起こりやすい環境です。浴室と脱衣所の温度差、浴室内でも湯船の中と洗い場の温度差など危険が潜んでいます。それでなくとも浴室や脱衣所は湿気がこもるのを嫌って換気扇を付けっぱなしにしたり、小窓を開けたままにしているご家庭も多いのでは?

 ちなみにこれは私が実行している対応策ですが、換気扇を切って蛇口から湯を流したり、風呂の蓋を空けてしばらく追焚するなどして浴室を湯気で満たしてから入浴するようにしています。これだけでも入浴時の危険は軽減します。なにより浴室内が暖かければ、それだけ快適ですよ。

 このヒートショック症状は命にかかわる脳卒中や心筋梗塞の大きな原因のひとつにもなっています。起床時や入浴時に目眩やふらつきなどを感じている方は、ぜひとも軽く考えず、上記の対策を検討してみてください。

2014年1月5日日曜日

お年玉プレゼント進呈中♪


 あけましておめでとうございます。本年もあしたか気功整体院をよろしくお願い申し上げます。

 さて、日頃の御贔屓に感謝して、当院よりのお年賀がわりにと気持ちばかりのプレゼントを二種類、用意させていただきました。

 ひとつ目は、お風呂で温まって、この寒い冬を乗り切っていただければとの願いを込めて、肌に優しく良い香りの無印良品の入浴剤です。

 ふたつ目は、私の故郷である宮崎県の民芸品。“南男(なんお)さる”というソテツの実を使った鈴です。その名前から『難を去る』と縁起物としても知られています。宮崎県出身者ならば「昔、宮交(宮崎交通)さんが記念品として良く配ってたアレね」と思い出すかも。

 おひとり様にひとつ、いずれか一種類をプレゼントしております。数に限りがありますので、ご希望の方はどうぞお早めに。

2014年1月1日水曜日

謹賀新年

旧年中は大変お世話になりました。
本年も皆様の健康と笑顔と幸せのため
微力ながらお手伝いさせていただきますので
何卒御贔屓のほど、お願い申し上げます。

あしたか気功整体院 院長 加島光太郎
平成二十六年 元旦