2015年12月30日水曜日

仕事納め



 毎年の事ではありますが、暮れも押し迫ってからの怒涛の施術依頼攻勢を何とか凌ぎ切り、本日は全枠完売満員御礼にて無事に仕事納め。ありがたいことです。

 皆様のおかげで餅代(って、まだ言うか!)どころか、可愛い甥っ子へのお年玉代まで出ました。これまたありがたいことです。

 一年を振り返れば、己が力不足と、至らぬ所ばかりが思い出され、静かに首を垂れるばかりの年の瀬ですが、まぁそんなことを四十数年続けてきたわけで、いつまでたっても『一人前の立派なワタクシ』に程遠い相変わらずの『半人前のつまんねぇ俺』に苦笑いしつつ、これが“生きる”ってことなんですかねぇ。

 自分の学習能力の欠如に言い知れぬ不安を感じつつも、反省するだけならお猿の次郎並みになってきたのかしら?

 ともあれ、本年もあしたか気功整体院をご贔屓くださいまして、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2015年12月29日火曜日

世界でひとつの手提げ巾着



 お昼休みにホームセンターへ。国産稲わらを使った立派な注連縄が買えたのでウキウキ気分でお取替えしたところ、嫁さんとお義母さんから「今日はダメ! 縁起が悪い! すぐ外しなさい!」と大合唱。二十九は『二重苦』に通じるからとか。……知らなかった。これって静岡ローカルなのかなぁ?

 画像は以前に手拭いタペストリーを作ってくださった手芸好きのお馴染みさんからのプレゼント。先日差し上げたオリジナル手拭いが巾着袋になって帰ってきました。こりゃ嬉しいねぇ。お着物羽織って、これぶら下げて浅草辺りをそぞろ歩きしたいねぇ。

 さて、そろそろ午後の部スタートです。頑張りましょう♪

2015年12月28日月曜日

駆け込み需要?



 いよいよ今年もあと三日という段になって次々と入電、枠が埋まっていきます。ありがたいことです。

「これで正月の餅が買える」と喜びを表現したいところですが、先だっても同じ表現をブログを使ったところ、読んだ患者さんから「先生のところは家でお餅つきしないんですか?」と真顔で質問されてしまい返答に窮したり(苦笑)

 え〜と『正月の餅云々』は、何かと物入りな年末年始に手元不如意(あ、これも通じないか。要は『お金がない』ってこと。孫悟空は関係ありません)となるのを遠回しに表した慣用表現なのですが、若い世代にはもはや伝わらなかったようです。

 さて、現在の予約状況は以下の通りです。

 本日28日、午後5時以降であれば依頼お受けできます。

 明日29日、午前10時枠のみ。午後3時以降空きあり。

 最終30日、午前完売。午後2時以降空きあり。

 予約問い合わせのお電話お待ちしております。


院長加島拝

 

2015年12月27日日曜日

本日スロースタート


 午前中は暇暮らしのため、ちょいとお掃除。腰板を雑巾掛けし、床はモップ。この後は玄関ドアと窓ガラスを磨いて、ポーチをデッキブラシでゴシゴシ。

 施術室は十畳ばかりなので、年末だ大掃除だと鼻息荒くせずともすぐに終わる。毎月やってるメニューでもあるしね。

 決して広くはないし、豪華でもない。それでも唯一無二の、大切な、神聖な、私の仕事場だもの。清潔一番、お掃除大事。

 さて、現在のところ、本日は午後4時以降であれば施術予約をお受けできます。お電話、お待ちしております。
 

2015年12月26日土曜日

多情多恨の捨てドコロ



 Amazon Musicでビートルズの代表的アルバムが聴き放題に。CDは一通り持っていたはずだが、何枚かは人にくれてやり、残りはどこにしまい込んだか行方不明。

 ちょっと懐かしくて施術室のBGMに掛けてみるも、早々にチェンジ。久しぶりに聴いて「えっ、ビートルズってこんなに騒々しいバンドだったっけ?」と驚く。

 普段から『プレ・ビートルズ時代』のジャズやブルースしか聴かなくなって久しいから、耳や感覚が先祖返りしちゃった……だけではないだろう。

 音楽に限らず、気が付けば様々な嗜好や拘りが若い頃に比べて大きく変化している。薄れているといった方が正確かな。「ま、どうでもいいや」で済ませる事柄が増えた。音楽然り。食い物も、酒も、遊びも、欲も、オネェちゃんもw

 今更ギラギラしたってしょうがねぇじゃん。

 これって『老い』かねぇ。でも、こんな現状がこれまでで一番気楽だったりする。ジジィになるのも悪くないモンだねぇ。



 

2015年12月25日金曜日

Merry Christmas♪



 あしたか院長からのプレゼントは
素敵なハーモニカ演奏だよ♪
フットタンバリンの鳴り物入りだよ♪



 うわわわああん、あれほど「季節モノの曲はシーズン前から仕込むべし」と心に誓ったのに……どうしていつも数日前からしか練習を始めないんだ(泣

2015年12月24日木曜日

無頼鮨の大将のように

 昨夜の冷たい雨から一転、窓際にいると暑いくらいの日差しが出た富士南麓です。

 午前中は出張施術だったので、この天候回復はラッキーでした。マットレスだの、胸当て枕だの、往診カバンだのを両手に抱えて、しかも足元は白足袋に下駄履きで雨の中を歩きたくはないですから。





 今朝の出張の患者さんもそうなのですが、当院の新規の患者さんはほとんどが口コミや紹介から。今年は結局一度もチラシを撒かず。8月から再開したブログも毎日更新してこそいるものの、はっきり言って集客ツールとしては役立っていません。それでもなんとかやってこれたのは本当にありがたい事です。

 んで、紹介していただくのは非常にありがたいし嬉しい……のですが、私当人の目の前で「上手だから」とか「すごく楽になるから」と患者さんお友達やお知り合いに熱弁してくださると、なんとも気恥ずかしくて無口になってしまうあしたか院長。「ねぇ、あしたかさんなら治るでしょ?」なんて話を振られても、わずかに引きつった笑顔で「ご縁があれば、是非」と答えるのが精一杯。

 まるで、大ヒットした朝ドラ『あまちゃん』に出てきた寿司屋の大将(ピエール瀧)のよう。薬師丸ひろ子の問いに微妙な笑顔を向けてうなづくのがおきまりのパターン。

 もっとガツガツとセールストークでも出来れば良いのですが、この仕事を続ければ続けるほど人様の身体を扱う難しさが身に沁みて、簡単に「出来ますやれます」とか「治せます」なんて口に出せなくなっています。

 まだまだ修行中の身でもあるし、それでいいのかもなぁ。

 とにかく、小林薫の真似をしているワケではないので念のため……って「分かる奴だけ分かればいい」!?
 

2015年12月23日水曜日

天皇弥栄(すめらみこと・いやさか)


 本日は皇紀二六七五年十二月二十三日、天長節です。謹んで今上陛下のお誕生日をお祝いいたしましょう。

 尚、本日もあしたか気功整体院は変わらず営業しております。ご予約、お問い合わせの電話はお気軽に。お待ちしております。



2015年12月22日火曜日

電話は『ひつこく』鳴らしてね♪

 当院の固定電話(Tel:0545-34-5122)は、15秒間コールしても応答がない場合、自動で私の携帯電話に転送されるように設定されています。

 すぐに電話に出ない場合、大抵はガレージでバイクを弄っていたり、ジョギングに出ていたり、本屋を覗きに行ってたり……まぁ暇している場合がほとんど(苦笑)。

 そんな時でも携帯電話は常時所持して応答できるようにしておりますので、数コールで出なくとも、どうか『ひつこく』鳴らし続けてくださいませ。




 さて、画像はまだ未使用の手拭いのごく一部。昼休みにあっちゃこっちゃの棚や引出しからひっぱり出して並べてみたら、結構な枚数がありました。

 別にコレクションをしているわけではないのですが、気付けばちょっとした商売ができるほど手元に集まってしまいました。自分で買った物以外にも、お馴染みの患者さんや友人に貰った品も相当数あります。大事に取っておいてももったいない。どんどん使わなくちゃ。

 そろそろ草臥れて色褪せた手拭いを退役させて、新しいのを卸そうかねぇ。

2015年12月21日月曜日

3・2・15の腹式呼吸


 先日このブログで書いた『腹巻で腹圧上げて腰痛予防』の記事を読んだ患者さんから「腹圧を上げる体操ってありますか?」と聞かれました。

 腹筋運動や、これも以前ブログで紹介したプランクでも良いのですが、この患者さんが高齢ということもあり腹式呼吸をオススメしました。この呼吸法は明治大学の齋藤孝教授が『呼吸入門』という著書の中で紹介している方法です。

 やり方は簡単。

(1)臍下三寸にある丹田に空気を入れるつもりで、お腹を膨らませながら鼻から息を吸う。3秒
 肩が上がったり、胸が張ったりしないように。横隔膜を押し下げることで肺に空気を入れ、お腹を膨らませます。

(2)グッと腹が張った状態で息を止める。2秒
 この時に喉を詰めて息を止めないこと。喉で止めようとすると辛くなるし、吐く時に一気に空気が逃げてしまいます。

(3)口を薄く開け、ゆっくりと少しづつ息を吐く。15秒
 静かに息を吐いていき、胸腹の力みが抜けた状態になったら、そこからまた(1)に戻ります。慣れてきたら鼻から吐いてみましょう。

 3秒2秒15秒で、ワンサイクル20秒。これを6回、計2分間続けてみてください。

 もし15秒の呼気が続かない場合は、無理をせずに10秒から始めてみてください。その場合はワンサイクル15秒で計8回ですね。

 また、これは女性の方に多いのですが、腹式呼吸の感覚が掴みにくい場合は、仰向けに寝転がって、下っ腹に手のひらを当てて、お腹が膨らむのを感じながら行ってみてください。

 深くて力強い静かな腹式呼吸は、腹圧を上げるだけではなく、身体にさまざまな良い効果があります。曰く、心身のリラックス効果、内臓マッサージ効果、免疫力アップなどなど。

 生命を維持するための機能のうち、自分が自身の意思でコントロールできるのは呼吸だけです。心臓の鼓動や胃腸の消化機能、肝腎の解毒分解機能は、いわば完全オートマチック。自分の意思ではコントロールできません。

 それゆえに昔から「長生きは長息に通ず」などとも言われています。お坊さんに長命な方が多いのは、お経を上げるのにしっかりとした腹式呼吸をしているからと言う方もいらっしゃるほど。

 皆さんも、もし良かったらこれを機会に自分の呼吸を見直してみませんか?

2015年12月20日日曜日

冬の目安は室温20〜22度、湿度40〜60%



 そろそろ寒さも厳しくなってきました。ご家庭や職場で暖房器具を使う機会も多くなってきていることでしょう。

 その際には暖房の調節目安として是非とも温湿度計を。注意すべきは湿度。冬の乾燥はお肌の大敵だけではなく、身体の調子にも大きく関わってくるのですよ。

 空気が乾燥すると口や鼻の粘膜が乾燥し、ウイルスなどに対する防御機能や抵抗力が落ちてしまいます。風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどへの感染予防のためにも十分な加湿を。

 また、湿度が低いと、身体から蒸散する水分量が増えるため体感温度も低くなります(ちなみに、夏場は逆に除湿すると同じ室温でも涼しく感じます)。

 冬は
室温20〜22度、湿度40〜60%を目安としましょう。

 以下は余談。私の故郷、九州宮崎県での出来事です。

 ある冬、実家の近所に転勤で北海道からご夫婦が引っ越してきました。奥様曰く「さすが宮崎は南国ですねぇ。冬でもこんなにあったかくて」

 しきりと宮崎の暖かさと北海道の冬の厳しさを語っていた奥さんでしたが、翌年には「寒い寒い」と人並みに九州の冬を寒がっていたとか。

 笑い話のようですが、人間の寒さへの耐性は北海道生まれも九州生まれもそう違いはなく。それどころか、北極圏で生活しているイヌイット(エスキモー)も、常夏の島々で暮らすポリネシア系の人々もほぼ同じなんですよ。

 それにもかかわらず、極寒から酷暑まで地球上の広い範囲で人間が生息しているのは、その知恵によるもの。衣類、住居、食物、生活文化。全ては生き残るための知恵の結晶なのです。

2015年12月19日土曜日

お刺身を 食べる口元 猫凝視



 当院某所にひっそりと掲示して、一部の患者さんに大好評をいただいた『猫川柳カレンダー』の来年度版を無事にゲットいたしました。

 本当は年が明けて叩き売りになったところを買おうと思っていたのですが、たまたま出向いたホームセンターで残1部。慌てて引ッ掴んだ次第です。チャンスの女神様には前髪しかないんでね。

2015年12月17日木曜日

千客万来


 ついこの間まで「正月の餅も買えないかも」と嘆いていた暇暮らしから一転、ここ数日、忙しい日々が続いています。昼飯時には次から次にと予約電話がなるので「(あまりに暇すぎた数日間は)電話が壊れてたんじゃないの?」と嫁さんがからかうほど。

 嬉しいなぁ。

 今日は年長の畏友が「御神前に」と、滅多に手に入らない貴重な出雲大社の御神酒を持ってきてくださいました。

 これまた嬉しいなぁ。ありがたいことです。

 私は一人親方の職人仕事。あまりに暇すぎると「世の中から忘れられてしまったんじゃないか?」と、あらぬ不安を感じたりもするのですが、まだまだそんな心配は無用のようです。

 明日もお仕事頑張るぞい!

2015年12月16日水曜日

腹巻のススメ 〜その2

そういえば、三刀流の海賊剣豪も腹巻の愛用者ですね。


 突然ですが問題です。人間は直立時にどうやって背骨を支えているでしょうか?

 大きな働きをしているのは脊柱起立筋(背筋)です。背中側、背骨の左右を首の付け根から骨盤に至るまで走る太くて長い筋肉は、その名の通り、脊柱(背骨)を起立させるため常に働いています。

 では、身体の前側で背骨を支えているのは?

 腹筋? その答えは半分だけ正解、サンカクです。

 背骨を前から支えているのは腹圧なのです。

 人のお腹(難しい言葉を使うと腹腔)は横隔膜、腹筋群、骨盤底筋などの筋肉で包まれており、その中に胃腸や肝臓、腎臓、膀胱、生殖器などの臓器がミッチリと詰まっています。

 少々乱暴な例えをするならば、大きな水風船を柱の前に置いて、それで柱の前支えにしているのです。

 この時、水風船のゴムに張りと弾力があれば、柱の重みをしっかりと受け止められますが、ゴムがヨレヨレだと柱の重みで風船自体がひしゃげてしまいます。

 つまり、腹筋群が弱って緩んでいると腹圧が落ち、そのせいで背骨を支える力が弱くなるのです。

 腹巻には、着けることで腹圧を上げて腰の支えを助ける効果があります。コルセットなどと比べると、はるかに弱くわずかな締め付けですが、それでも腹圧を上げるには十分。

 近年の研究では、筋肉の動きを軽くサポートをすることによって、その筋肉本来の働きを引き出す効果があるともいわれています。キネシオテープ(伸縮するタイプのテーピング)などがこの理論に基づいているとか。

 ガチガチに締め固めて動きを制限してしまうコルセットよりも体にとっては良いのかもしれません。お祭りでお神輿を担ぐ衆が腰に晒を巻いたり六尺褌を締めているのも理屈は同じ。日本人は遥か昔から『肚を締める』ことの効果を体感していたのでしょう。

 ちなみに私自身もオートバイで長距離走る時には必ず腹巻を着けています。着けるのと着けないのとでは翌日の腰の疲労が段違いですよ。

2015年12月14日月曜日

腹巻のススメ 〜その1


 日々冷えが厳しくなっていくこの時期、私のオススメは何と言っても腹巻です。

 身体を冷やすことは百害あって一利なし。中でも生命維持のための重要な器官が集中している腹部の保温は皆さんが思っている以上に大事です。

 お腹が冷えると、胃腸の具合が悪くなったり、肝腎の働きが鈍ります。消化吸収、分解解毒が滞ってしまうと、命に関わりますから、身体は腹部を温めるため血液の流れを体幹部に集中させます。

 結果、末端部への血流が減少し、いわゆる手足の冷え性となる場合も多々あるのです。つまり、靴下を重ね履きしたりするよりも、腹巻を巻いてお腹を温めた方が冷え性改善には効果的なのです。

 もちろん、お通じスッキリしない方は言わずもがな。就寝時に着けて寝冷えも防止すれば、更に効果アップです。

 ひと昔前まで腹巻と言えば寅さんがしている純毛のラクダ色(今やどちらも死語だねぇ)が定番でしたが、今は素地もカラーも色々と出ています。女性用のアウターに響かない薄い素材のものや、カラフルでポップな『見せる』腹巻なんてのも。この冬、ちょっと腹巻を試してみませんか?

 そしてもうひとつ。腹巻には腰痛予防の効果も高いのですが、それはまた明日に。

2015年12月13日日曜日

ブルースハープで『スマイル』を吹いてみた。


 昨日「もっと整体院らしいブログにしなくちゃ」と書いた矢先にコレだもんなぁ(苦笑)

 しかしまぁ「あしたか院長はハーモニカを愛する穏やかな人間です。ほ〜ら、顔はアレだけど怖くないよ」ってアピールに……なるのか?

 明日からは真面目に整体健康お役立ち記事を書きます、多分、おそらく、気が向けば。

2015年12月12日土曜日

これもまた“始末”


 昨夜は夜なべで針仕事。年末の大掃除に備えて古くなった手拭いを雑巾に。ぼちぼち老眼が始まったおっさんが、焼酎のお湯割りをすすりつつ、横目でアニメ『銀魂』を見つつの運針なので、針目がえらいことになってるけど、ま、いいか。ほつれたらまた縫うさ。


追記:ここ数日、まるで手拭い屋のブログのようになっていますが、ここは整体院のブログです。一応念のため(笑)

「せっかく頑張って毎日更新してるんだから、もっと治療の話を書けばいいのに」とお馴染みさんからもからかわれてます「うちの施術であれも治った。これも治った」と自ら吹聴するのはどうにも気が引けてねぇ。

「分かる人だけ分かればいい」って、どうして我ながら妙なところが意固地なんだか。もうちょっと上手にお商売やらないとダメだよねぇ。

2015年12月11日金曜日

オリジナル手拭い


 染め上がりやした。今年は渋〜い鼠色。どうでがす? 去年の藍色も良かったけど、この江戸情緒あふれる通好みの色もなかなか粋でござんしょ? って、テメェで褒めてりゃ世話ないや(笑)

 ちょいと早うございますが、年末年始のご挨拶代わりに来院された方に進呈しておりやす。「おっ、いいな、素敵だね♪」と思った方は善は急げってんで、今すぐ施術予約のお電話を。いえいえ、物で釣ろうなんて了見はねぇんですが、なにしろ数に限りがありますもんでねぇ、ヘッヘッヘッ。

 と、インチキ江戸前落語調でのご案内。私、あしたか院長自らがデザインしたオリジナル、ワン・アンド・オンリーの手拭いです。

 整体院らしく骨がモチーフ。髑髏はひとつひとつ表情が違うし、長骨のラインは古典柄のヨロケ縞風。『あしたか』の文字は天地正逆を互い違い。表裏上下のない手拭いならではの図柄の工夫です。

 『萬療治承り〼』の木札は、その昔、骨接ぎ稼業が軒先に吊るしていた看板代わり。「よろず りょうじ うけたまわり ます」と読みます。

 染めはもちろん職人が手がけた本注染(ちゅうせん)。裏ッ返ぇしたら色が白っちゃけてる安物の百均プリント手拭いとはモノが違うぜ。どうでぃ! めぇったか、コンチクショウめ!!


 手拭い誂えはきもの白かべさんにお世話になりました。

2015年12月10日木曜日

看板猫

 本日(いつもの如く)暇暮らし。

 電話は鳴らず、患者さんもパラパラ。と言いたいところですが、実際にはパラ………パラ………ってな感じ。

 院長はこれ幸いとばかりに机に譜面やらハーモニカやらをおっぴろげ、プカプカブンジャガ。我ながら呑気にも程がある。


 待合スペースの椅子には黒いボロ雑巾。ではなく、愛猫の楽太郎。暖房の効いた施術室の起毛の座布団の敷かれたこの椅子がお気に入り。

 そこへ嫁さんが「テレビで猫やってるよ」と呼びに来る。ローカルワイドショーの『地元の看板猫』ってな企画。そうか! この手があったか!

 なぁ、楽太郎くんよ。我が家はこのままじゃ正月の餅も買えない。君も自分のカリカリ代くらいは自分で稼いでみないかね? 施術室に常駐して、猫カフェ的な、アニマルセラピー的な、患者さん相手にゴロニャ〜ンとか、ス〜リスリとかしてさ。そ〜いうのが評判になって遠方からお客さんが来るようになったお店とかテレビでやってたし。

 ……無理だよなぁ。楽太郎は誰に似たのか人見知り。女性には比較的愛想良いけど、男性の患者さんが来るとすぐに逃げ出そうとするし、お子さん相手なんて無理。怯えて逃げ廻ってシャーって牙剥くし。

 仕方ない。ここは新たな子猫をもらってきて、一から立派なホスト(ホステス?)猫に育て上げるか。それとも猫カフェにスカウトに行くか?


「バカ言ってんじゃないよ!
整体師なら腕で勝負しな!」

2015年12月9日水曜日

先に言ってよ⁉︎


 施術調整を済ませ、そろそろ時間も丁度良い加減。さて、最終確認をとおもったら

「先生、実はここも痛いんですけど」

 初めての患者さんにありがちなパターン。師匠曰く「あのな、患者さんもこっちを値踏みしとるんや。『このセンセなら大丈夫』と思うから、後出しでココもアッチもと言ってきよる」と。

 もちろん、当院ではたとえ指先が痛いと来院された方でも足裏から頭の先まで必ずひと通り触りますが、出来れば事前に申告いただけると助かります。施術の段取りや手順、時間の配分もありますので。

 痛い場所、辛い部位が複数でも可能な限り対応いたしますし、何より料金は変わりませんのでご安心を。

 そういえば、師匠の大阪分院に施術の見取り稽古に通っていた頃、「あんた、それ先に言わんかい!」という師匠の素っ頓狂な呆れたような声を何度も聞いたなぁ。

2015年12月8日火曜日

年末年始営業のご案内


 いつもあしたか気功整体院を御愛顧いただきありがとうございます。年末年始のスケジュールが決定いたしましたのでご案内いたします。

年内:12月30日(水)まで
年始:1月4日(月)より

 とはいえ例年の如くどこかへ出掛けるでもなし。お休みの間も在宅しておりますので、急な痛みの際には遠慮なくご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。

2015年12月7日月曜日

浅草土産


「こないだ東京に出てね、孫の行く大学を見学したり、靖国神社をお参りしたり、浅草にも行ってきたんですよ。これ、お土産。先生、いつも頭に巻いてらっしゃるから」

 お馴染み様から素敵な柄の手ぬぐいを頂きました。

 たまに冗談めかして「普段は私のことなんか綺麗さっぱり忘れてくださっている方がいいんですよ。それが『お身体の調子がいい』って証拠なんですから」などと言ったりしますが、それでもやっぱりこうやってお気遣いいただくと嬉しいものです。ありがとうございました。

 さて、週の始まり月曜日。ぼちぼち開院準備を始めましょうか。

2015年12月6日日曜日

暖炉


 最近のお仕事を終えた後の楽しみは、暖炉で燃える炎を眺めながら酒をチビチビ、ハーモニカをプカプカ。

 もちろん本物の暖炉ではなく、AmazonTVstickのアプリケーション。CGなので薪をいじったり、酒の肴を炙ったりはできません。

 テレビ局が垂れ流してるくだらない番組はハナから見る気はないし、huluやプライムビデオのVODは再生するのに気合と決意が必要。戦って勝った負けただの、色恋で惚れた腫れただの、爆発だのスペクタクルだの、スリルだの恐怖だの、そーいうのを2時間近くぶっ続けで観るのが面倒臭いお年頃なのです。それでもテレビが消えてるのは寂しいから、結局、CGの暖炉を流して放置。

本当は居間に薪ストーブでも置いて、本物の炎を弄りたいんだけど、奥様の許可が絶対に出ないし、そもそもこの温暖な土地には必要ない設備だしなぁ。 

2015年12月5日土曜日

俺と悪魔のブルーズ


 7年前にひっそりと休載になったマンガがありました。

 舞台は1920年代末のアメリカ。深夜の四つ辻で悪魔と取引をして、天才的なギターの才能を得た黒人農夫RJと、脱獄手配中の白人ギャング、クライドが主人公。

 ページを開けば、南部のうだるような熱気が立ち昇り、粗末な安酒場の喧騒の中で密造酒と汗が臭い、そして魂を抉るようにギターを掻き毟る、あの音楽が聴こえるような。

 しかし、いくらアメリカ本国ではブルーズ発見100年で沸いていた時期とはいえ、大方の日本人にとっては『ブルース』といえば黒人よりも淡谷のり子や美川憲一だろうし。不人気打ち切りも止むなしなのかなぁ、と、このマンガの存在さえ忘れていたのですが……

 まさか再開されているとは! 普段、マンガ雑誌は全く読まないし、本屋へ行っても、Amazonでも、コミック関連をチェックすることもないから不覚にも気がつかなかったよ(ちなみに先日買った『RIDEX』は書店のバイク雑誌コーナーに置いてあったので気付いた)

 押っ取り刀でコミックス最新刊を手に入れて、1巻から改めて耽読。BGMはもちろん、ロバート・ジョンソン。いやぁいいわぁ。素晴らしいわぁ。おかげで昨夜は少々呑みすぎましたw

 しかし、カルト的な人気はあったにせよ、なぜ今再開なのかねぇ。作家さんは最近、別の作品が大ヒットしてドラマ化されたりアニメ化されたりしているとのこと。そのおかげで執筆に我儘を通すことができるようになったのかしら? やっぱり好きなことをやるには力がなきゃダメなのかねぇ……などと邪推してみたり。

 なお、タイトルはこの曲から。私のお気に入り。この曲をハーモニカでプレイするのが目標のひとつだったりするのです。



朝早く、奴がやってくる
ある朝早く、ドアをノックする
俺は応える
「よう、サタンの旦那
そろそろ出かける時間だな」

俺と悪魔は二人連れ
いつでも並んで歩くのさ

あのスケを痛めつけに行こう
満足するまで何度でもな

2015年12月4日金曜日

飴ちゃん、おひとついかが?

待合スペースの飴ちゃんを補充しました。

冬場に不足しがちなビタミンC補給と乾燥喉荒れ対策にVC3000のど飴と、私が子供の頃から大好きな明治チェルシー。ちなみにヨーグルトスカッチ味をガリガリ噛み砕きながら食べるのがお気に入りです。

どうぞ遠慮なさらず手を伸ばしてくださいね。

2015年12月3日木曜日

日常雑記



 お久しぶりの患者さんから球磨焼酎のミニボトルセットのお土産。この方は腰椎の狭窄症が酷くて当初より外科手術をお勧めしていました。数年にわたって悩んだ末に今年ついに手術を受け、昨日は術後初めての来院。

 手術は成功、経過は良好。お身体を触らせてもらえば分かります。まだ足裏の痺れが残っているようですが、これは時間とともに徐々に消えていくはず。良かったですね。



 欲しい本がAmazonでは売り切れ、電子書籍版もなし。もしかしたら近所の本屋にあるかも……と出かけてみましたが、やっぱり私の欲しがる専門的な書籍は置いてないよなぁ。残念。

 手ぶらで帰るのも癪なので店内をうろついていると、東本昌平の『RIDE X』の新刊が出ているのを見つけ、しばらく悩んだ末に購入。バイク乗りの日常を切り取った短編漫画集。主人公は「バイクに乗り続けることを誇りに思う」おっさんライダーたち。バンドデシネを思わせるオールカラーのコミックはオシャレ感があってお気に入りだったんだけど、自分自身がおっさんライダーになってみると、だんだん違和感を感じるようになってなぁ。

 リッチで、ワルくて、女にモテて。そしてバイクに乗らせりゃバカっ速い俺ってカッケー……うん『お伽話』だよなぁ。嫌いじゃないけど、読んでて落ち着かない。

 この感じは、あれだ。思春期に少女漫画を盗み見た時の「へー、女の子って、こーいうのに憧れてるんだぁ」と、こう何だかムズムズしたのと同じなんだよなぁ。

 とか何とか文句を言いながら唯一定期購読しているバイク関係の書籍。次巻も買っちゃうだろうなぁ。んで、ひとり赤面しつつ、こっそりと読む。だってこーいうの嫌いじゃないからさ(笑)



 The Village Lizards。Amazon Musicを弄っていて偶然見つけたバンド。ブルースハープ、ウッドベース、ピアノの変則的トリオ編成。こーいう音、好みなんだよなぁ。ちょっと賑やかすぎるけど、今日のBGMはコレにしよう。


2015年12月2日水曜日

「万歳」と「お手上げ」

 当院の施術で、私が背後から患者さんの両手首を持って腕を大きく前後させる操法があり、その際に私はこのように声を掛けます。

「さぁ『万歳』をしましょう」

 あなたが患者さんだとしたら、どうやって手を挙げますか?

 実はこの時、年齢によって『万歳』のやり方が違うのです。80歳代からそれ以上の方は掌を内に、小指側の手刀が正面に来るように腕を挙げます。対して、それ以下の世代ではほとんどが手のひらを前に向けるように挙げます。

 実はこれ、受けた教育によるものなのです。掌を縦に挙げる万歳をする方は戦前の教育を受けた世代。『気を付け』の姿勢から、腕を捻らず真っ直ぐに最短距離で。手のひらを前(相手)に向けるのは「武器を持っていません」という『お手上げ、降参』の意思表示だと教えられたといいます。

 これがなぜか戦後では逆転して『お手上げ』ポーズが主流となっています。不思議ですねぇ。

 ……ってな小話を施術しながらしてたら、ある時とんでもないことを言い出したお嬢さんがいました。

「でも、『万歳』は「マンセー」の韓国の風習が日本に入ってきたんでしょ?」

 さすがに絶句。南北問わず彼らが今やってるのは日本統治時代(念のため書いておきますが、当時の朝鮮半島は所謂植民地ではなく、日本国の一部であり、そこに住む朝鮮人にも同じ皇国民として内地の日本人と同じ権利が与えられていました)の名残であり、それ以前の朝鮮半島に『万歳』をする風習などありませんでした。彼らの知っていた礼法は三跪九叩頭の礼という……まぁ、それは別の話だし、いいや。

 このお嬢さんがどこかでそんな嘘っぱちを吹き込まれてきたのか、それとも切れ切れの知識(TBSのニュースで報じる必要もないのに「首領さまマンセー」って映像流してますねぇ)からそんな早とちりをしたのか分かりませんが、オリジナルは日本です。最後に我が国の首相による正しい万歳をご覧いただきながら、今夜はこれにて。おやすみなさい。


背後に「お手上げ」をやってる人がいますねぇ。
拳骨を突き上げてる方も。ブラックパワーですか?
自民党内でさえコレですものねぇ。トホホ

追記:そういや、私が子供の頃には学校の諸行事で必ず「万歳三唱」が式次第に含まれていたけど、正しい万歳のやり方も、誰に対しての万歳なのかも習った記憶がないなぁ。

寒さにご注意を

ここ数日、早朝より忙しい日々が続いています。急な冷え込みで今まで隠れていた身体の不調、バランスの崩れが一気に出てしまう方が多いようです。

冷えには十分な注意を。特に首元はしっかりと暖めてくださいね。首の付け根、俯いた時にぽっこり盛り上がる骨のすぐ下、肌着の襟首にホッカイロを一枚貼るのがおすすめです。

さて、本日のBGMは最近お気に入りのビル・エヴァンスのソロピアノ。あしたか気功整体院、ボチボチ開院の時間です。

2015年11月29日日曜日

BMW社製猫ベッド?

朝一番の施術に備えて着替えるべく、昨日洗濯した施術衣を取り込みにいくと……物干し台の横に停めたバイクのシートは猫の毛まみれ足跡だらけ。いつから乗ってないんだっけ?

2015年11月28日土曜日

良薬は口に酸っぱい?



 今回の痛風発作で、さすがに何らかの対策を立てなければと思い立ち、梅肉エキスを毎朝飲んでいます。

 本当は今年の春に帰省した際、母親が自家製の梅肉エキスを持たせてくれていたのですが、数回試して冷蔵庫へ。すっかり忘れていました。そろそろ五十面下げて母親に健康の心配をさせるのも情けない話。母ちゃん、ごめんよ。心を入れ替えて毎日舐めてます。

 梅肉エキスとは青梅の絞り汁を煮詰めた真っ黒いペーストで、古くは江戸時代の医学書にも出ている日本古来の機能性食品(かな?)。効能は整腸効果、血流改善、降圧作用、肝臓強化、免疫細胞の活性化などなど。ホンマかいな?

 強力なアルカリ性食品なので、尿酸の蓄積を防いで尿酸値を抑制する効果もあるとか。ホント……だといいなぁ。

 最近では、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が発見される以前の考え方である『アルカリ性食品、酸性食品』という分類や食べ分けは意味がないという説を唱える方もいるようですが、何事も試してみなくちゃ分からないし。身体に良いことには違いないだろうし。

 ちなみに味は顔が歪むほど強烈に酸っぱい……はずなのですが、私は割と平気。酸っぱいものを欲したり、酸味を感じにくくなっている時は身体が疲れている証拠。これも目安のひとつとして生活を気を付けますかねぇ。

2015年11月27日金曜日

背骨は何を支えている?

 昨晩、時間の都合がつかずに施術をお断りしたお馴染みさんが、今朝一番で飛び込んできました。

「昨日、我慢できなくて他の療術院に行ったら、余計に痛くなっちゃって。夕べは一睡もできなくて」と。

 この患者さんは調子が悪くなると決まって首が回らなくなり、ひどい頭痛も出ます。どんな施術を受けたのか聞いたらいきなり首を抱えてボキバキッって音がなるまで捻られた」とのこと。

 それを聞いて私まで頭を抱えてしまいました。海外発祥のその療術は事故の発生率の高さでも有名。言葉は悪いですが「痛みを取ってもらおうと思ったら、楽になるどころか捻り殺された」人も少なからずいます。いやはや、まだそんな施術を行う術者がいるとは。

 患者さんの身体を見せてもらうと、首、肩、背中の首を支え動かす筋肉がどれもこれもガチガチ。私は昨夜依頼を受けられなかったことを詫びながら、全身の緊張を緩めていくところから施術を始めました。

 首(頚椎)の調整は非常にデリケートです。絶対に力任せに行ってはダメです。首の据わっていない赤ちゃんを扱うように優しくやらねばなりません。力を入れたり、勢いを付けたりしなければ調整できないのなら、術師の腕の上手下手以前に、その術理自体を疑ってかかってしかるべきとさえ思います。

 当院では下は小学生から、上は90代のお婆さんまで同じ技術、同じ手法で施術します。首を抱えてバキボキッってのを高齢のお婆さん相手に出来ますか? 想像するだけで恐ろしいと思いませんか?

「背骨を整えれば万病が治る」と謳っているその流派は母国では正規の医療であると国の認可を受け、専門大学もあると聞きますが、商売が上手なのと、その術が『効く』かどうかは別のお話なのですよ。

 ちなみに……、さすがに今ではそんなことはないと思いますが、かつて、この療術の創始者だか、商売上手だったその息子だかが書いた教科書には背骨はカ◯ロプラクター(この流派における術者の呼び方)の生活を支えると堂々と書いてあったとか……やれやれだぜ。

 なお、件の患者さんは施術後に「ああ楽になった。やっぱり私には先生のが合ってる。これで今日も仕事ができます。ありがとう」と笑顔。私は他所さんのリカバーまで含めて汗だくでしたが「そうですね。昨日の治療院は◯◯さんには合わないようですから、もう止めた方がいいですよ」と。

 本当は「合う合わない」じゃなくて「治るか治らないか」の問題なんですけどね。

2015年11月26日木曜日

謎の治療機器?

 患者さんにうつ伏せになってもらい、腰に気功術を施した時の事です。

「はい、もう起きていいですよ」と、この日が初めてだった患者さんは起き上がって不思議そうな顔。「凄く温かいんですね」

 ここまでは当院で良くある話。その患者さんは施術室の隅を指差して「アレを使ってるのかと思ったら、手を当ててただけなんですね」



 患者さんの言う『アレ』とは、ツマミのたくさん付いた小さな赤い箱と、そこから伸びたコードにつながった砲弾型の物体。確かに治療機器に見えなくもないですね。

 紛らわしいモノを置いてて申し訳ありません。『アレ』は、私の趣味であるハーモニカを吹く時に使うアンプ(スピーカー)とマイク。施術とは全く関係のない私のオモチャなんです。



 当院での施術は完全手技。事故やトラブルの元となるような危険で怪しげな道具を使うようなことはありませんのでご安心を。一応念のため。

2015年11月25日水曜日

出張施術

本日午前中は出張施術のため、院での施術はお休みいたします。

当院では富士沼津市内交通費1000円にて出張施術を承っております。お気軽にご相談ください。

2015年11月24日火曜日

本日暇暮らし


 午前中は完全お茶挽き。連休明けの給料日前、まぁ電話が鳴らずとも仕方がないか。

 暇に任せて最近疎かにしていたハーモニカの手入れなど。分解洗浄をしてリードのギャップ調整。オーバーブローという特殊奏法に必須の調整。

 少しづつ老眼が進んできているのでこういった細かい作業は億劫。眼鏡を額に押し上げて、目を細めながらの作業。そういや親父が同じように眼鏡を外して矯めつ眇めつしつつ釣りの仕掛けを作ってたなぁ。

 私も歳を取ったもんだ。そろそろ老眼鏡を作るか。

2015年11月23日月曜日

日常雑記


 痛風発作で一週間お休みしていたランニングを今朝から再開。恐る恐るの3キロから。左母趾にまだ少し腫れが残り地下足袋がきついが、痛みは出ず。

 一週間前には痛みでのたうちまわり、四つん這いでトイレへ行っていたことを考えると、幾分草臥れては来ているが、とりあえずは五体満足で走れることに幸せを感じずにはいられない。


 池田清彦著『なぜ生物に寿命があるのか?』読了。これまでも「死」について書かれた本はたくさん読んできた。医師が書いたもの、宗教家が書いたもの、哲学者が書いたもの、遺品整理などを行う特殊清掃業者が書いたもの、英霊たちの遺書もそうだろう。

 生物学者の筆による本書は、そのどれとも違う。分子レベル、DNAレベル、細胞レベルから生物の命の限界について解説してくれる。その語り口は軽妙洒脱で分かりやすい。根っから文系の私でもスラスラと読めた。

 しかしまぁ老化や寿命についてのメカニズムを知ったところで知的好奇心を満足させる以上には何かが変わるわけではなく、現実は変わらないわけで、大切なのはその現実と向き合いながら生きる事なのだろう。

『未だ萬歳の人身をうけたりという事を聞かず。一生過ぎやすし。今に至りて誰か百年の形体を保つべきや』



 浜松から定期的に来院してくださっているバイク仲間から果物の差し入れ。私にとって今期初物となる苺の甘い香りに季節の移り変わりを感じる。ご馳走様でした。

2015年11月22日日曜日

シャーロック院長

「ドアを開けたら先生が険しい顔してこちらを睨んでいたのでビックリしました」


 先日、初めておいでになった患者さんにこんなことを言われ、しどろもどろでお詫びしました。別に機嫌が悪いわけでも人見知りが激しいわけでもないんです。

 クルマから降りてポーチの階段を上がってドアを開けるまでの時間、靴を脱ぐ動作、立ち姿のバランス、室内での数歩の歩行。それらをじっと観察することが私の施術のスタートラインなのです。

「この人はどこが痛いのかな? ズレているのはどの関節かな? 筋肉のバランスの崩れは?」

 このやり方は、誰もが知っているある有名な私立探偵から学んだ手法です。



 コナン・ドイルが創作したシャーロック・ホームズ、その人です。ホームズはその第1作『緋色の研究』でのちの相棒となるジョン・ワトソンを一目見ただけで彼がアフガニスタン帰りの元軍人だと見抜きました。その推理は独特の目の付け所と鋭い観察眼によるもの。少年時代にこのくだりを読んで衝撃を受けたものです。

 続く作品群でもホームズはベーカー街221Bの肘掛椅子に座ったまま、やってくる依頼人がどんな人物かズバリと言い当てています。

 これらは作者ドイルの医者時代の師であった外科医ジョセフ・ベル博士の『外見を観察することで人物を推理する驚異的な能力』そのものだったとか。

 翻って、私自身にはそこまでの能力も観察眼もありませんが、少なくとも専門分野の筋骨についてはド近眼の目ん玉をひんむいて『ただ見る(see)だけでなく、観察(observe)して』みようかと。

 とはいえ、まだまだ修行中の身ですから「百発百中、黙って座ればピタリと当たる」には程遠く、トンチンカンな推理を開陳することも。しかし、たまには問診もそこそこに聞いてもいない患部に手を伸ばして驚かれることもあります。

 念のために書いておきますが、決して超能力や神通力によるものではなく、タネもシカケもあるんですよ。

「初歩的なことだよ、ワトソン君。あらゆる可能性を排除した結果残ったものは、どんなにありえないようなことであろうと、それが事実であることに間違いないのさ」

 そんなワケなので、私が睨んでいるように見えても、どうぞ気になさらず。さぞや酷い御面相でしょうが決して噛みつきゃしませんから。

2015年11月21日土曜日

Apple MusicとPrime music、聴き比べてみました。

 当院のBGMはそのほとんどがApple社の定額聴き放題サービス『Apple Music』からのセレクト。

「先生んトコの音楽、リラックスできますね」
「BGMと整体があってますね」
「アルバムのタイトル教えてください」

 手前味噌のようで恐縮ですが、おおむね好評です。

 最近、ネット通販世界的大手のAmazonでもプライム(有料)会員限定で『Prime music』なる聴き放題サービスを始めたので聴き比べてみました。



日本では資生堂のCMで曲が使われ一世を風靡した
ブルースハープ奏者リー・オスカーのベスト盤。


最近のお気に入りである女性ボーカリスト、ノラ・ジョーンズ。
ジャズでもブルースでもポップスでもない不思議な雰囲気。


言わずと知れた大御所の名盤中の名盤。
繰り返し聴いてかすかな野次や拍手の音まで記憶している。


個人的女性ジャズ・ボーカリストナンバー1。
サッチモやオスピー、デュークとの共演も素敵。



オスカー・ピーターソンはブルースとジャズの交差点。


 再生条件はWifiからiPhoneの各アプリへ。そこからBluetoothでBOSEのサウンドウェーブシステムへ

 圧縮方法によるものか、同じ楽曲でもかなり音質が違う。

 まずApple Musicは良く言えば全体的に滑らかでソフィスティケイトされた音。耳障りのない代わりにフックも弱い。

 対するPrime musicは音の粒立ちが良く、パンチが効いてる。悪く言えばドンシャリ。その分、ボリュームを絞っても「音楽」として聴こえる。

 楽曲数は有料サービスであるApple Musicの方が多い。特に私が個人的に好んで聴く古いブルースは圧倒的にこちらに軍配。Prime musicは曲数が少ない代わりに広く浅く万人受けするセレクト。先行のビデオと同じくAKB推しだが……ま、これはどうでもいいか。

 院のBGMで掛けるだけならPrime musicだけでも曲数は十二分に事足りるけど、音はApple Musicが好み。ただ、これはイコライザーで調整できる範囲。

 しばらくはあっちを聴いたり、こっちを聴いたりしながら新しいお気に入りアーティストを探しましょうかねぇ。