2015年8月31日月曜日

次回のご予約は不要です。

「先生、次はいつ来ればいいですか?」

 初診の患者さんの中にはおずおずと聞いてくる方が少なくありません。

「あなたの状態だと術後2日くらいからもう一段楽になって1週間でほとんど気にならなくなるはず。もし1週間経っても痛みが残ってたり、動くのが辛かったりしたら、もう一度声を掛けてくださいね」

 当院の場合、次回の予約をこちらから要求することはほとんどありません。基本、患者さんにお任せしています。

 時間と回数を掛けねば改善しない重度の四十肩五十肩や、骨に変形があって定期的な調整が必要な方にはそのことをご説明申し上げますが、それでも来院を無理強いはしません。

 あまりに私の態度が素っ気なさすぎるので、初めて来院した時に「この人は治す気がないんじゃないか? 仕事が嫌いなんじゃないか?」と思ったと御馴染みさんに笑われたこともあります。

 聞くところによると、他所さんでは細かく料金設定をして『お得な回数チケット』だの『通えば通うほど安くなる逆スライド式料金制』などを熱心に勧めてくる様子。

 私もやろうかな? ……やだよ、面倒くさい。携帯電話会社じゃあるめぇし(笑

 一見不熱心に見えるかもしれませんが、これでも自分の腕には絶対の自信を持って情熱的にお仕事をしています。そんな小細工を弄しなくても日に三度のおまんまに不自由しないほどには稼がせてもらっています。贅沢は出来ませんが分相応な生活が出来ていますから高望みはしません。

 しかし「そんなに素っ気なくて不熱心にみえるかなぁ。自分では充分愛想良くしてるつもりなんだけどなぁ」と愚痴ったら、嫁さんにすかさず「顔が怖い。ヒゲを剃りなさい」だって。さて、どうしたもんだか。

2015年8月30日日曜日

雨の日の楽太郎はとことん眠い。


 そして、雨の日の院長もとことん眠い……のですが、早朝から急患。そして予約の電話が。日曜とはいえ朝寝朝酒朝湯とはまいりません。お仕事があることを感謝しつつ、今日も頑張ります。

2015年8月29日土曜日

レイバン・ウェイファーラー

セリフを全て諳んじるまで繰り返し観た映画は本作だけ。
  『ブルース&ソウルレコーズ』誌がブルース・ブラザーズ特集とのことなので、久しぶりに購入してみる。相変わらず濃いんだか、マンネリなんだか分からん誌面構成。

 それは本誌がニッチすぎる音楽ジャンルの雑誌だからってわけじゃなくて、オートバイ雑誌なんかもそうだ。号数を確認しないと今月出たものなのか、20年前の号で状態がミントコンディションなのか判断に迷うような内容のものもあるからなぁ。新メディアの登場により速報性が失われ、ネタが切れ、高齢化する読者への迎合……紙媒体の落日は着実に進んでいる?

 それはさておき、ブルース・ブラザーズ。もう大好きで大好きで死ぬほど好き。彼らと出会わなかったらブルーズ聴いてないし、ハーモニカも吹いてない。ソフト帽にサングラスも好き。
私の鼻がもう少し高ければ、世界はまた違った様相を呈していただろう。

 で、気が付けば彼らのトレードマークでもあるレイバン・ウェイファーラーが4本も。画像右側はアメリカボシュロム社製(現在のレイバンはイタリアルクソール社製)のビンテージ。上は40周年記念モデル、下はオリジナルよりもレンズの大きな“Ⅱ”で、しかもアジア向けのFE(ファーイースト)モデル。いずれもレアな個体で、ちなみに上はベルーシが劇中に掛けていたものとドンズバ!

 左の2本は現行品で度入りのレンズを入れてある。ちなみに左下の赤いのは、これまたレアな限定カラー。

 しかし、これらは順次放出する予定。なんでかって?

 頬骨が出てるのと鼻が低いせいで私がウェイファーラーを掛けるとズリ下がっちゃって、ブルース・ブラザーズじゃなくて大村崑になっちゃうんだよ、言わせんな恥ずかしい!

 あ、4本も買うまで自分の鼻の低さに気がつかなかったのかというツッコミはなしでw


シーンによってはウェイファーラーⅡを掛けているかも?
追記:ちなみにエルウッド・ブルースを演じたダン・アクロイドが掛けていたのはウェイファーラーではない。ウェイファーラーよりもレンズがスクエア気味で目尻がつり上がったようなシェイプ。フロント部を観察すると丸リベットが縦にふたつ並んだヒンジ止め金具が確認できる。以上からレイバンの『カリビアン』というモデルと思われる。これマメな。

 なお、続編の『2000』ではレイバンが公式なスポンサーとなってウェイファーラーを提供していた。

2015年8月28日金曜日

鏡よ鏡

「鏡よ鏡」と毎日覗き込んでも顔は変わりませんが、姿勢なら……
 正しい姿勢を保つための秘訣をお教えしましょう。

 『鏡の魔力』を使うのです。古来、東西を問わず鏡は信仰や呪術魔術などと密接に結びついてきました。その力を引き出して(?)やるのです。

 やり方は簡単。一日に一度で良いです。鏡の前に立った時に以下の2点を確認してください。歯磨きで洗面台の前にしばらく立ち続ける時などが最適でしょう。

1、鼻、みぞおち、おへそは一直線上にあるか?
2、耳たぶを引き延ばすと肩の上に垂れる位置にあるか?

 もし姿勢がこの基準から外れていたら、鏡に写っている数分間だけでもいいので頑張って姿勢を正してみてください。

 この二つは日本古来の武道武術や礼法において『正しい姿勢』の基準となるものです。

 人は鏡に映った自分の姿をこれまで幾度となく目にしているため、網膜に写っても、きちんと観ていないのです。一日に一度、こうやってしっかりと自分の姿勢の崩れを認識して、目からの刺激(フィードバック)を受けながら矯正すると、思った以上に効果があるのです。これこそ『鏡の魔力』!

 しかしまぁ、程度にもよりますが、人間は誰しも左右いずれかに傾いています。完全に左右対称の骨格を持つ人なんて、一万人に一人、いや百万人に一人いるかいないか。個人的にはミリ単位の差まで気にする必要はないと思いますよ。完全なシンメトリーは人を不安にさせます。『美は乱調にあり』なのです。

 とはいえ、身体に不調を及ぼすような大きな姿勢の乱れや崩れは、整体術を掛けることによって矯正した方がてっとり早いし身体にとっても楽です。それこそ当院の得意とする技術。どうぞその節には、あしたか気功整体院をご指名くださいませ。
おっさん世代が鏡で思い出すのは『タクシードライバー』のデニーロ

2015年8月27日木曜日

とりあえず一曲


 新兵器のSONYミュージックビデオレコーダーで早速撮ってみました。iPhoneのFaceTimeカメラ&モノラルマイクとは画質も音質も段違い。綺麗に映り過ぎちゃって、施術室のお片付けを心に誓ったりなんかしたりして(汗

買っちゃった♪

SONYのミュージックビデオレコーダーHRR-MV1
 『断捨離』などど半端坊主のような戯言を口走った舌の根も乾かぬうちに新しいお買い物です。我ながら俗物すなぁ。

 SONYのミュージックビデオレコーダーです。これでYouTubeにアップロードしている『ブルースハープで吹いてみた』の動画がグンとレベルアップ。いや、演奏そのものじゃなくて画質とか音質とかがね。

 もちろん、お遊びのためだけじゃなくて、文章や画像では伝わりにくい健康体操などを動画のビデオコラムにしての配信も考えております。

 まずは取扱説明書の細かい文字との戦いから。どんな動画が撮れるかは後ほどのお楽しみです♪

2015年8月26日水曜日

2015年8月25日火曜日

断捨離?


乗る時間もないのに複数台あるオートバイ
いつか組もうと思ったままのパーツ
部屋の隅で埃を被りっぱなしのギター
掛けなくなったサングラス
一度見ただけで放置したDVDソフト
もう何年も開いていない書籍

 ふと思い立って、そんなあれこれを整理処分しています。売れそうなものはオークションに出し、引き取り手のないものはエイヤッとゴミに出す。これは『断捨離』や『片付けの魔法』や『シンプルライフを目指して』……ではなく、どちらかといえば『終活』の予行演習かも。

 まだまだくたばる気はないけれど、人生の折り返し地点は間違いなく過ぎているのだから一応はその日を視野の片隅に入れておかないとね。

 しかしまぁ、これが良いお小遣い稼ぎになって、そうすると欲が出てア○ゾンや楽○市場であれこれ物色してたりするから人間の業ってのは深いものですねぇ。


投げやれ投げやれみな一切を投げ出せ
旅人の身に前後あらすな 若山牧水

2015年8月24日月曜日

幾山河越えさり行かば……

 おはようございます。

 本日8月24日は酒をこよなく愛した歌人若山牧水の誕生日。それにちなんで『愛酒の日』とのこと。

 この人、有り体に言うなら『酒を愛した』というレベルを超えたとんでもない酒呑みで、毎日一升をペロリ。死因は当然ながら(?)肝硬変。亡くなった後も体内に残ったアルコールのせいか遺体から腐臭がすることはなく、「生きたままアルコール標本になったのか?」と医者をも驚愕させたとか。今でいうアルコール依存症だったようです。

 そんな彼の代表作がこちら。
『幾山河越えさり行かば寂しさの
終てなむ国ぞ今日も旅ゆく』

 同じ宮崎県出身ということもあり、若い頃は憧れました。酒を愛し、旅を愛した漂泊の歌人。カッコ良いよなぁって。しかし、大人になれば、そんなことは言ってられません。というワケで今週の「たなくじ」。
 
『近くにありすぎて見落としがちな幸せを見つけよ』
 なんだか見透かされた気分ですw 

 ちなみに牧水はお隣の沼津市に終の住処を構え、記念館もあります。久しぶりに訪ねてみようかな。

 それでは週の始まり月曜日、老眼の出始めた目をしっかり見開いて、近くの幸せを探しつつ、ぼちぼちとスタートいたします♪

2015年8月23日日曜日

トテチテタ〜♪ 起床! キショー!


 皆様、おはようございます。

 本日は東富士演習場にて陸上自衛隊の総合火力演習が行われます。すでに入場のための混雑が発生している模様。

 先日、予行にて一般観客に怪我人が出て本演習での使用の中止が決まった120ミリ砲弾は、自走砲のものではなく、10式戦車のものであるとのこと。不整地をウネウネと走りながら標的にガンガン弾を打ち込む行進間連続射撃、いわゆる10式名物『スラローム射撃』は行われないのでしょうか? 残念ですね。

 一方、朝霧高原では長渕剛の歌に励まされて一晩中拳を天に突き上げ、朝日に輝く富士山に感動号泣した10万人の長渕剛ファンで溢れかえっているようです。会場であるふもとっぱらからの完全退場には半日を要するとのこと。

 つまり、本日は御用とお急ぎでない方は鉄道各線での移動や富士山方面へのお出かけは避けた方が無難かと。こんな日はあしたか気功整体院にてお体のメンテナンスはいかがですか? 本日も通常営業にて皆様の来院をお待ちしております。

2015年8月22日土曜日

おはようございます。セイッ!

「とぅさんは今日もお仕事なのです! ボクは食っちゃ寝♪」

長渕「巡恋歌 セイッ!」 
客「好きです好きです心から」 
長渕「セイッ セイッ」 
客「愛していますよと」 
長渕「ハッ セイヤー」 
客「甘い言葉の裏には」 
長渕「オラッショ! セイッ!」 
客「一人暮らしの寂しさがあった」 
長渕「セイ!」(ジャカジャカジャカジャカ)ギターひく


 本日、朝霧高原で長渕剛さんのライブがあるそうです。『本物の声』を届けてくれるそうです。

 10万人が来るそうです。きっとタンクトップに革ジャン羽織ってサングラスを掛けて「セイッセイッ」いいながら正拳突きをやるような人たちが全国から続々と集まってくるのでしょう。なかには勘違いして「汚物は消毒だぁ〜!」と火炎放射器を背負ったモヒカンや、「V8を讃えよ!」と指を組むウォーボーイズも混じっていそうです。

 ちょっと見てみたい気もしますが、大昔に九段下で大量のヤザワエーキチに囲まれた時に感じた言い知れぬ恐怖(いや、皆さん行儀よく並んで武道館に歩いていってるだけで、はた迷惑な大騒ぎはしてませんでしたけど)がトラウマとなっているので、今日明日はそちら方面に出かけるのは止めておきましょう。参加される方々には、どうぞご安全にお楽しみくださらんことを。

 本日もあしたか気功整体院は平常運転で皆様のご来院をお待ちしております。

2015年8月21日金曜日

整体に『ゴッドハンド』なんて、ない!


 手技療術の世界で腕の立つ先生を褒め称えるために『ゴッドハンド』なる言葉がよく使われます。健康雑誌然り、テレビの健康番組然り、書店へ行けば『あなたの腰痛(肩こりでもいいや)をたちどころに解消するゴッドハンド云々』なる書籍を必ず見つけることができるでしょう。

 はっきり言います。私、これが大ッ嫌いです。

 確かに手技療術は職人仕事の世界です。上手下手がはっきりとあります。流派や系統によっても大きく違ってきます。同じ整体を看板に掲げるA派とB派では施術に際して180度の違いがあることも珍しくありません。

 しかし「どんな痛みもたちどころに治す」ような秘術も魔法もこの世には存在しないのです。ただ、それぞれの流派において出来る限りの技術を尽くして取れる痛みを取り、苦しみを鎮めるだけ。

 さらに言うなら、肩こりや腰痛などに現在の医療の主流となるエビデンス(臨床結果主義)は当てはまりません。例えば腰痛。痛む場所は同じでも、それを引き起こしている原因が股関節であったり、仙腸関節のわずかなズレであったり、腰椎の歪みであったり、臀筋群の緊張であったり、座骨神経の圧迫だったり、実にさまざまです。当然ながらアプローチは異なります。これを可視化点数化しろ、診療時間を均一化しろといっても到底無理な話です。

 もっというと、整形外科のお医者さん方は腰痛に関してそこまで細かく目配りしていないでしょう。「命にかかわるわけじゃなし、鎮痛剤と湿布出しとけばいいだろ」と相変わらず軽く見てるのを患者さんからの話で常々感じています。そうやって現在の保険診療制度において肩こりや腰痛への対応はないがしろにされ、後回しにされてきたといっても良いのではないでしょうか。

 当院において、施術はすべてにおいて個々の患者さんに対してオーダーメイド……ってのはカッコつけ過ぎだけど、いうならば『現場合わせ』です。だって、ひとりひとり違うんだから仕方ない。「当院では“ここ”を痛めた腰痛の方しか治せません」なんて看板に書けるかいっての。

 そこで例え話、長年悩んでた腰痛が解消された若い太郎さんが「あそこ良いから行ってみなよ」とお年寄りの花子さんに当院を紹介したとして、年齢も性別も生活環境も違う花子さんが間違いなく同じように治るとは限りません。当たり前の話。

 もちろん、せっかくご紹介を頂いて来てくださった患者さんなのだから痛みから解放されて気持ち良く帰っていただきたい。しかし、それが叶わなかった夜は晩酌しつつ「あそこの関節を見落としてたんじゃないか?」とか「こっちの筋を緩めればまた違ったんじゃないか?」と、布団に入ってからも鬱々と考え続け、朝まで寝付けないこともあります。昔からこの業種は『按摩の掴み取り』なんて揶揄されることもありますが、そんなにお気楽極楽な稼業じゃないんですよ。

 それを、やれ『ゴッドハンド』だの『神の手』だの、十把一絡げにしてテメェんとこ来れば何でも治せるようなミスリードして。そんなことあり得ないのは現場に立ってる自分自身が一番わかってるはずなのに、恥ずかしくないのかねぇ。

 まぁ商売が上手なら、間違ってもこんなことは書かないで、運良く(?)痛みから解放された患者さんの笑顔の写真とコメントをブログにアップして「うちに来れば治りますよ。こんなに腕がいいんですよ。上手いんですよ」とアピールするんだろうな。

 うん、私にゃ無理。私は施術において自分に出来ることを精一杯やるだけ。そうやってこれまでもやってきたし、これからも変えるつもりはありません。だって、人を騙すことは簡単でも、自分を騙すことはできませんから。そして、自分に騙されたフリをするのって、すっごく気持ち悪いですからね。


2015年8月20日木曜日

肩こり予防運動

出典元のツイートを記録仕損なっていたため添付できず。もし問題があればご連絡ください。

 先日、ツイッターを眺めてたら肩こり予防(解消)体操のイラストを見つけたのでご紹介。これはなかなか良いです。シンプルですぐにおぼえられるし、関節の動きも筋肉への刺激も的を射ています。一連の動作を5回も続ければ随分効果があると思います。ゆっくり行っても2分とかからないはず。

 私が考える人の体の一番の手入れは「一日に一度でもいいから動く範囲一杯にしっかり動かしてあげること」です。

 特に肩周りは関節の動きが複雑なことに加えて、生活が便利になりすぎたせいで、どうしても動かし方が疎かになりがちです。

 私は肩こりに悩む患者さんに良くこう質問します。
「一日に何度、肩から上に腕を上げますか?」
 女性ならば洗濯物を干す時か、たまに吊り戸棚を開ける時くらい。男性は「う〜〜ん」と頭を抱えて結局思いつかないことも多いです。つまりはそういうことなのです。

 今、ネットで検索すれば肩こり予防体操なんて、それこそ数え切れないほど出てきます。上に紹介したものでなくとも、ラジオ体操でも、テレビ体操でも、自衛隊体操でも、気に入った体操をひとつ見つけてちょっと続けてみましょう。

 ちなみに、私は普段ほとんど肩こりや腰痛を感じることはありませんが、なぜか毎年正月休みに酷い肩こりに悩まされます。私にとって患者さんを施術することが身体を整える健康法となっているのかもしれません。

2015年8月19日水曜日

枕について


「先生、枕はどんなの使ったらいいですか?」

 これまで何度となくこんな質問を受けて来ましたが、私のお返事はいつも同じ。

「頭の下に敷いていて眠れる枕を使ってくださいね」

 ふざけているわけではありません。ひとくちで枕といっても材質や硬さ高さなど様々。ある程度の年齢の方なら一通り経験もしているでしょうから、ソバガラでも羽毛でも綿わたでもお好みのものを。

 ただし、ひとつだけご注意!

 頭がずっぽり嵌まり込んで、首が動かしにくくなってしまうような枕は避けた方が良いでしょう。昔のホテルによくあった大きい割に中身の詰まっていない羽毛枕とか、ひところ流行った低反発枕(低反発マットも含めて)もあんまり安物は注意が必要です。

 人間、どんな動作を起こすにもまず頭が動きます。鼻先を進行方向や対象物に向けて、次に身体が付いていきます。寝返りをする時も同じ。つまり、枕のせいで首を振れなくなると、寝返りも制限されてしまいます。これは少しマズいのです。

 身体を整える意味において、寝返りは大きな意味を持ちます。

 普段、人間は背骨を“縦”に使っています。そのテッペンにはボーリング球と同じくらいの重さの頭が乗っかっています。つまり、背骨は常に頭を支えるために頑張りっぱなし。

 1日を終えて横になった時、背骨は頭の重さからやっと解放されます。当然、次にやっておきたいのは1日頑張った背骨をほぐして労わってあげること。

 寝返りこそがその動作なのです。

 お天気の良い日、犬や猫が日向ぼっこをしながら背中を丸めたり伸ばしたり、寝転んでゴロンゴロン転げ回ったりしているのを見たことあるでしょう? 実は彼らはああやって背骨を調整しているのです。

 ところが人間様だけは頭が良くなりすぎて人前でそんなはしたない真似はできない。我慢強くお行儀良く日中を過ごす。当然ながら背骨に無理がいく。これを解放してあげられるのが睡眠時の寝返りなのです。寝返りを打つことで脊柱を構成している24の椎骨を揺り動かし、身体のバランスをリセットしているのです。

 つまり、軽く寝返りを打てる枕が良い枕なのです。「寝ても寝ても疲れが取れない」という方は案外枕にその原因があるのかもしれませんよ?

 ちなみに私はソバガラ枕をふたつ使っています。どこにでも売っている安物です。目が覚めた時に枕が頭の下にキチンあることは珍しいです。大抵はどったんばったん寝返り打ってますから。ただ、そのせいで猫たちは私のベッドでは絶対に寝てくれませんけどねw

2015年8月18日火曜日

人生五十年? 三十年? 八十年?

 とある高齢の男性のお話し。

 根っからの真面目人間であるこの男性、若い頃から“健康”には人一倍気を使い、早寝早起き、運動し、暴飲暴食はもってのほか、良いと言われる健康法は何でも試し、それはそれは長年熱心かつ真面目に取り組んだとか。

 80歳を目前にして、そんな彼にガンが見つかりました。発見された時にはすでに末期。転移もあり、余命宣告される状態。彼は「こんなに健康に気を使ったのにガンになるなんて悔しい」と酷くショックを受けて落ち込んでしまいました。

 さて、皆さんはこのお話しをどう考えますか?

 私は、この方が節制を欠かさなかったから80歳まで長生きができたのではと思うのですが、本人はそうは考えていない御様子。難しい問題ですね。

 私たちの命には限りがあります。必ず死を迎えねばなりません。では、生き物としての人間の寿命は何年くらいに設定されているのでしょうか?

 あるお医者さんは「子供を生み、その子らがひとり立ちして子供をなすことができるようになるまで育てる」ことが生命のワンサイクルだとするなら、本来の人間の生物としての寿命は30年程度であるとの説を唱えています。

 つまり、30歳以降は余禄であり、いわばアディショナルタイムであると。この長さはそれぞれがどんな生活を積み重ね、何を食べてきたかによって決まる、と。

 織田信長の時代には『人生五十年』と謡われていましたが、今では50歳なんて初老のうちにも入りません。お勤めをされている方にとって定年はまだまだ遥か先です。

 さらにいうなら、今の60〜70歳代の方の肉体は、戦前戦中生まれ世代の同年齢時と比べて格段に若いとのこと。これは終戦を境に食べるものが大きく変わったせいもあると思います。ひと昔前の基準(つまりは現行の判断基準)で考えるなら、実年齢マイナス20歳と言ってもいいほどだとか。

 これは健康に問題がなく、日常生活を普通に送れる状態を指す『健康寿命』にも現れています。男性で71.19歳、女性で74.21歳。『人生五十年』のプラス20年、大体計算が合いますね。

 とまぁ、私のお話しはひとまずここまで。テレビや雑誌などで健康について語る時、ことさら『無病長寿』を尊び、『死』を忌避し憎むかのような論調となります。私たちもまた『死』からは目を外らし、その足音が背後から迫ってくるのに気づかないふりをしたがります。

 しかしたまには「私もいつか死ぬのだな」と思い出すのも悪いことではありませんよ。memento mori

2015年8月17日月曜日

不幸の順番は「ひもじい 寒い もお死にたい」

人間に一番悪いのは
腹がへるのと寒いゆうことですわ

長いこと生きてますとな
ほんまに死にたいちゅうことが
何回かありますのや

そおゆう時メシも食べんとものを考える
ロクなこと想像しまへんのや
ノイローゼちゅうやつになるんですわ

おまけにさむ〜〜い部屋で
一人でいてみなはれ
ひもじい……
寒い……
もお死にたい
これですわ

いややったら食べなはれ

ひもじい
寒い
もお死にたい
不幸はこの順番で来ますのや


2015年8月16日日曜日

ブルースハープで60分一本勝負『アニーローリー』編

 絵師さん(絵を描く人)がお題に対して60分のタイムリミットを決めて描いた作品をアップしているのを真似して、私も初見の曲の楽譜を初めて開いてから1時間でどれほど吹けるようになるか試してみました。

 明らかなミストーンが二ヶ所、オクターブ奏法が強く吹き吸いしすぎてハーモニーが壊れている。うーん、まだまだ精進が足りませぬ。

2015年8月15日土曜日

飾り手拭いコレクション2015上半期

 すっかり当院の名物(?)となっている月代わりの飾り手拭い。その一部をまとめてご紹介。

おめでたい達磨図。浅草へ旅行に行かれた患者さんよりのお土産です。

富士に桜。色合いから川津桜かな? 手前の松林は三保の松原?

紫陽花。私が大好きな花のひとつ。この花が咲くから梅雨時も嫌いではありません。

バイクツーリングで訪ねた金沢で購入したひがし茶屋町の風景。

お船の下の文字はスワヒリ語で「後方は明るい。前方は暗い」という意味と格言とか。

岩合光昭氏の写真展『猫歩き』で見つけて思わずフラゲした猫の柄。


2015年8月14日金曜日

ハーモニカLIVE!

 私のブルースハーモニカの先生である諏波靖行氏のLIVEが開催されます。

日時:9月5日(土) OPEN18:00 START18:30
場所:すみやグッディ富士店1階ライブホール
料金:一般1500円 教室生1000円





 チケットの購入、問い合わせはすみやグッディ富士店まで♪

2015年8月13日木曜日

隠れ熱中症にご注意を!

 震災の年の夏、施術室にエアコンをかけていると「電気の無駄遣いだ」とお叱りを受けることがあり、エアコンを点けずに施術することがままありましたが、なんとかお仕事できていたように思います。

 今年の夏はそんな真似をしたら、患者さんの上に大粒の汗の雫をボタボタと落としてしまいそう。そのくらい厳しい暑さです。

 しっかりと水分取ってますか? その頭痛や疲労感、背中や腰の張りは骨の歪みや筋肉のバランスの崩れからじゃないようですよ。

「テレビでよく言ってるから、1日2リッターは飲むようにしてるよ」

 では塩っ気は? と聞くと、考え込む患者さんがほとんど。

 いくら水分だけ取っても、汗と一緒に流れ出たナトリウムは補給できません。それどころか、水分だけを摂り続けると「自発的脱水」が起こる危険性があります。簡単にいうと、体の中の塩っ気が薄まって症状を悪化させてしまうのです。

 また、夏場は食欲が落ちるため、普段よりも食事で摂取する塩分が少なくなる傾向にあります。




 この夏、あまりにも隠れ熱中症と思われる方が多いので、待合スペースに塩飴を準備しております。遠慮せずに手を伸ばしてくださいね。

 頭痛や疲労感などを感じたら、隠れ熱中症を疑ってみましょう。まずはすみやかな水分と塩分の補給を。スポーツ飲料などが手近にない時には下のポスターを参考に経口補水塩を作って飲みましょう。印刷してキッチンに貼っておくと良いですよ。




2015年8月12日水曜日

香りの お・も・て・な・し

 ここ最近、施術室でお香を焚いています。とはいえ突然信心に目覚めたわけではなく、香水香と呼ばれているもの。いわゆる“アロマ”です。


奥の扇子は移り香を狙って。扇子を使った時にフワッと良い香りがするなんて、よござんしょ?

 これまでは無印良品の超音波アロマディフューザーを愛用していましたが、どうも梅雨時は湿気が高いせいか香りが広がらないのが不満でした。そんな時、金沢へツーリングで寄った際に茶屋町の雑貨屋さんで見かけたお香を試してみたところ、すっかり気に入ってしまったのです。

 患者さんが来院するタイミングを見計らい、ドアを開けた時には燃え尽きて残り香だけがフワッと香るように。なかなか手間がかかりますが、それもこれも自分の道楽だと思えば苦にはなりません。



いずれもお香立てが付属しているので、灰皿や小皿を用意すれば買ってすぐに楽しめますよ。

 お気に入りのお香は日本香堂さんが出している『花の花』と『夢の夢』です。

 『花の花』は百合、薔薇、菫の三種類の花の香りの詰め合わせ。いずれも華やかだけど奥ゆかしい、いかにも『和』の風情です。

 『夢の夢』は季節毎にイメージした何種類もの香りが用意されており、シーズン毎に楽しめます。今回購入したのは「爽水の香」でフルーティフローラルマリン。

 いずれも煙は少なくてお部屋の汚れを気にせずにすみますし、煙が喉を刺すいがらっぽさ(安物のお香は酷い)など皆無。さすが『笑点』スポンサー……ではなく我が国を代表するお香の老舗日本香堂さん。定吉に寿司でも奢って、薮入りには土産のひとつも持たせてやりたいもんです。

2015年8月11日火曜日

オリジナル手拭い大変身!

 ちょっと古い話になりますが……

 昨年、ご贔屓にしてくださっている皆様への御礼になればと、当院オリジナルの手拭いを誂えました。注染という伝統的な手法で染め抜いてもらった本格的な日本手拭いです。

画像右上をよくごらんくださいニャーン。右下の「山に加の字」は実家の呉服店の屋号です。

 なお、思いっきり自慢しちゃいますが、このデザイン、すべて私自身が考案したものです。整体院だけにモチーフは骨。しゃれこうべはそれぞれ表情が微妙に違うし、隠れキャラも紛れています。長骨のよろけ縞、屋号の「あしたか」は染め抜き手拭いの裏表を気にせずにすむように互い違いに裏文字になっています。いずれも伝統的な手拭いのデザイン手法を私なりに換骨奪胎した末の作品。どこぞのコピペデザイナーとは一線を画しているのです(エヘン!

 落語家の真打ち昇進挨拶でもないのにこんな贅沢をしたのは、すべて私の道楽です。どうしても作ってみたかったんです。おかげさまで決して長くはない『死ぬまでにやってみたいこと』のリストのひとつにチェックを入れることができました。

 で、先日のこと。この春お年賀代わりに手拭いをお渡ししたお馴染み様が「先生、こんなの作ってみました!」と。

ごめんなさい。なぜか写真を回転できません。首を右に傾けてご覧ください。

 なんとも素敵なショルダーバッグに変身しただけでも嬉しいのに「普通に手拭いとして使うより、これを肩に下げてた方が目立つでしょ?」と当院のPRにも一役買っていただけるようです。ありがたいことです。

2015年8月9日日曜日

ブルースハープで“As time goes by”を吹いてみた。

ちょっと思うところあって、長々と放置していたブログを再開します。
まずはご挨拶代わりに一曲お耳汚しを。