2016年5月30日月曜日

仮面ライダー『もとなび温泉』へ行く。


 

 先週末の土日は久しぶりに連休を頂いて、バイク雑誌『MOTO NAVI』のイベントに参加するため伊豆へ。読者と編集スタッフが同じ温泉旅館に泊まって交流する『もとなび温泉』なる企画。今回が二回目。

 直近号の特集が「憧れだったバイク乗り(ヒーロー)」がテーマだったので、丁度良いとばかりに先日手に入れた仮面ライダー革ジャンを羽織り、赤いマフラーを巻き、変身ベルト(?)まで。私自身のモーターサイクル・ヒーローだった一文字隼人のコスプレ。

 ちなみに2年前に行われた第一回にも参加しているのだけど、ベロンベロンに酔っ払ってしまい当日の記憶がほとんどない。掲載された写真を見ると、スケベ面して女性スタッフに整体術をかけていたり、ハーモニカを吹いていたり「え? 俺こんなことやったっけ?」と首をひねるばかり。

 翌日は二日酔いで完全にゾンビ。伊豆スカの料金所で植え込みに突っ込む自爆事故(?)まで起こす始末。

「今回はハメを外し過ぎまいぞ」と、頼れる大先輩である歯科医の先生をお目付役としてお誘いしての参加。





温泉入って呑んで食べて……

楽しい楽しい大宴会。

二次会は部屋呑み。美女とツーショット。
「愛人の写真」って嘘ついて見せびらかそうかしらw
かなり目つきが怪しいけど、大丈夫、記憶はある。


 「オートバイが好き」だけが共通項の多種多様な方々と、普段はしないような様々なお話しができて、非常に楽しく有意義な時間が過ごせました。個人的には粗相なく、どなたにもご迷惑をかけずに済んだので胸を撫で下ろしていたりして。

 翌日は美女2名を含む有志で石廊崎を回って西海岸の気持ちよい道を快走。皆さん「私はワインディング苦手で……」とか「交通法規厳守運転」とか言ってたはずなのに、皆さんお上手で走り出すとペースの速いこと速いこと。

 数ヶ月ぶりに近所のコンビニより遠いところにバイクで出てきた私は、全く乗れていないので無理せず殿をトロトロ。どうせ一本道だし、クルマにひっかかればその度に追いつくからね。

 静岡東部のライダーには有名なネパール・カレーの『ティハール』でランチをしたり、松崎町名産の桜葉塩漬けを使った『さくら葉餅』をお土産に買ったり。実に正しい観光ツーリングで県外から来られた方は大いに楽しまれた模様。静岡県民としては嬉しい限り。



 唯一の心残りは、せっかくだから賑やかしの余興にとハーモニカを持参し、ネタもたくさん仕込んで行ったのに、呑むの話すのに忙しくて披露せず終い。トレイン・イミテーションもやって、片岡義男さんの作品の話を編集長さんとしたかったなぁ。

 このイベントの模様は6月末発売の『MOTO NAVI』8月号にて掲載されるとのこと。今から楽しみ楽しみ♪

追記:そして今日には、昨日一緒に走ったばかりの神奈川のトライアンフ乗りの方がご来院。ご縁というのは有り難くも不思議なものですねぇ。

2016年5月27日金曜日

お見せしよう……変身!!(確かこのタイトルは二回目)


 予約発注して以来、この日をどれだけ待ったことか。やっと届きました。大好きなブランド、ハロルズギアの革ジャン。

 思い返せば二十数年前、初めて買った革ジャンはこのブランドのホースハイドのシングルライダースでした。その時買った品は、今では銀皮はボロボロに剥がれ、私の汗や涙を大量に吸い込み、何度もカビに侵され、クタクタのボロボロのクッサクサ(!)で、しかも中の人(私のことね)が太ってしまった(購入当時から比べて20キロ増)ので、今では前ファスナーをあげるのも一苦労なんですが、それでもまだまだ現役です。

 だって、買い替えようにも『ハロルズギア』ってブランドは、創業者の夭折により、一度消滅しちゃってたから。それが奇跡の復活! そして、バンダイとのコラボによるこのデザイン。もうね、個人的に買わなかったら後悔すること必定。



 なんの変哲もないシングル・ライダース? いえいえ、よく見てください。腕の太い一本ライン、そして背中のこの意匠。そうです、アレです。一文字隼人ですよ、2号ですよ!

 つや消しの黒にシルバーのセンターラインが入ったヘルメットも、立花レーシングクラブ・エンブレムのバックルも、赤い革ベルトも、この革ジャンを羽織り、バイクに跨るために数ヶ月かけて準備してきたのです。

 赤いマフラー? もちろんありますよ。キーアイテムじゃないですか、当たり前でしょ♪

「分かる人だけ分かればいいッッッ!」バーイ花巻さんfrom『あまちゃん』

 これぞ『大人のコスプレ』です。明日はそんな格好して、バイク雑誌のイベントに参加予定。誌面に取り上げてもらえると……いいけどなぁ。

2016年5月26日木曜日

キスカ島はキズナ島?

 ベッドから職場まで通勤徒歩15秒のため、普段はすっかり引き籠りがちな院長、本日久しぶりにお出かけしたら公共の掲示板にデカデカと『キスカ島』と書かれたポスターが!

「え! あの奇跡の撤退作戦のキスカ島? ツアー? 行くの? アイエー? なんで? 慰霊? いやいや違うって、守備隊は無傷で撤退したから『奇跡』なんだぞ?」

 あ、そのお話をご存知ない方はタツノコプロの名作『アニメンタリー 決断』をどうぞ。




 慌てて駆け寄って、よくよく見てみたら『キズナ島』でした。




 院長苦笑い。そりゃそうだよなぁ。いくらなんでも寒いばかりで何にもないアラスカくんだりまで行くのに、こんな賑々しい(某ピー◯ボートのポスターかとも思ったもんw)ポスターはないわ。

 絆、きずな、キズナ……ねぇ。

 確かに人と人との繋がりは大事だとは思います。けどねぇ、それを至高のものとして「友達百人できるかな?」ってなばかりに過剰な繋がりを求める風潮は、個人的には「如何なものか」と思うのだよなぁ。

 普段はてんでバラバラの好き勝手、お互い啀み合ったりするけど、一朝事あれば即時に団結する。そんなアルカディア号の乗組員(これまたマニアックな例えだなw)のような距離感ではダメなのかなぁ。

 物心ついた時から円滑な人間関係を構築するのが苦手。会社、組織、団体、チーム、グループ、仲良しこよし。何度もはね出され、弾き飛ばされ。これまで何度泣きの涙に濡れたことやら。

 英国の某ドラマの主人公を真似して「私は『高機能社会不適合者』だから」と気取ってみたりしたけど、ンなこたぁーない。ただ単に世間知らずのままこの歳になってしまったから。要はお子ちゃまだったのです。今では「それも一興、ひとりぼっちを笑うな!」と開き直ったりもしてますがw

 んで、そんな自称「ぼっち」の私が今日出かけたのは、ヘルメットに仕込むインターコムヘッドセット購入のため。これがあればバイクで走りながら同行者と無線会話ができるというスグレモノ。




「バイクは孤独を楽しみ、自分と向きあうための乗り物。そんな道具は邪道だ!」……と、『ばくおん!』の鈴乃木凛ちゃん(これまたマニアックな例えを再びw)よろしく、そんな風に考えていた時期が俺にもありました。

 しかしまぁ、今週末出かけるのに、同行する素晴らしく気の良いバイク仲間と四方山話の即席漫才しながらバイクを走らせるのも楽しいかもかぁ、と思いまして。

 ……ってなワケで、今週末、5月28日(土)の午後より29日(日)終日は休院となります。ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご容赦くださいますよう。

※5月28日(土)は、すでに9時枠10時枠はご予約を頂いており、施術依頼をお受けできるのは11時枠のみです。「どうしても週末でなければ」という方はお早めに御予約をお願いします。

2016年5月25日水曜日

宝くじ当たったぁ〜!

 オークションの決済のために仕方なく作ったジャパン◯ット銀行の口座。これを使えばネットで宝くじが買えるとのこと。

 これまで宝くじを買った事など両手で数えるほどしかないのだけど、このことを知った時、なぜか『当たる』ビジョンが鮮明に脳内をよぎり、これは白昼予知夢? 「試しに買ってみようか?」と。

 で、今朝の事。いつものように起き抜けに布団の中で朝一番のメールチェック。メールでご予約をくださる患者さんもいらっしゃるからね。そしたら……







 キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

 もうね、『エクソシスト』のリンダ・ブレア並みの勢いで跳ね起きました。これで一発逆転!? 人生変わっちゃう!!??

 買っていたのはロト6とミニロト、BIG各種。どれよ? どれが当たった?









いくらよ?







何億?








何千万?








何百万?


























 ま、人生こんなもんだよね。しかしまぁ、番号お任せのクイックピックで一口だけ買って、それが当たったんだから、それはそれで運が良い……のか?

 で、話はそこで終わらず。なんとも気持ち悪いことに、今日はスマホに再々こんなメッセージががが。


 なぜ私が当選したのが分かった? これほどタイミング良くこんなメッセージが来るか? そもそも携帯会社のキャリアメールなんて、もう何年も使ってないのに、なぜここに出てくる? ジャ◯ンネット銀行さん情報漏洩してるんじゃないの? セキュリティ甘いよ!

2016年5月24日火曜日

小さなことからコツコツと?


 以前にチラリと読んだネット記事に影響されて、起きたらすぐに寝具を整えるようにしています。

 その記事中で、米軍大将曰く「まず、ベッドメイキングを行って1日を始めることは、人生において小さなことが大事である、という事実を裏付けることなのです。もし小さな物事をきちんとできなければ、大事を成すことなど決してできないでしょう」と。

 そして、こう続けます。



「次に、成功(どんなに小さくとも)は、次の成功を生むということです。もし毎朝ベッドメイキングをしたら、皆さんは1日の最初の任務を遂行したということになります。こんな小さな任務でも、遂行した事実が小さな自尊心を生み、次の任務に向けたやる気を生むことができます。そのやる気で、次の任務を遂行したら、もうひとつ、さらにもうひとつ、という具合に。そして、1日の終わりには、たったひとつの小さなベッドメイキングという最初の任務の完了が、その後の多くの任務の完了になっていることを知るのです」

 なるほど。アメリカでも『大事の前の小事。小さなことからコツコツと』なのですねぇ。私の場合はベッドメイクから大仕事につながることはありえないかもしれませんがw

 まず布団を整え、弟の遺影に線香をあげ、神棚の水をお取替えして二礼二拍手一礼。

 これで私的には気持ちスッキリと一日をスタート。そして、楽太郎は積み上げた寝具の上で牢名主よろしくもうひと眠り。

 と、ここまで書いたら、ツイッターで掲載されているお気に入りのネット漫画でも同じこと書いていたのを思い出しました。こちらもオススメです。


2016年5月22日日曜日

この素晴らしき世界




 本日暇暮らしにつき例の如く遊び事。元々の持ち歌だったのを大幅にブラッシュアップ。3オクターブあるハーモニカの音域をフルに使う構成に。だいぶ熟れはしたけどまだまだ。

 テンポもなぁ、走りそうになるのを必死に堪えてる感じ。長音を伸ばしきれていない。こういうバラード系は、もっとゆっくり、たゆたうように、遅れ気味くらいで吹くのいい……のは分かってるんだけどねぇ。

 吹き詰まりから来るミストーンが2箇所。リードに唾液の乾いたカスやゴミが引っかかると音が出なくなる。一応、週に1度は流水で清掃してるんだけど、もっと頻繁に分解清掃しなきゃダメだなぁ。忘れないうちにさっさとバラす。



 晩酌はこれを組んでからだな。酔っ払って細密ネジを締めるなんて無理無理。


2016年5月21日土曜日

ハーモニカ トレイン



 ハーモニカ吹きのお約束といってもいい一発芸(?)。蒸気機関車の汽笛と走行音をイミテート。曲とは言えないお遊びですが、これがなかなか奥が深い。奏法は百人百様。私のは……まだまだ音が硬い(汗)


 ちなみに……不朽の名作『ブルースブラザーズ』でエルウッド・ブルースが住んでいるシカゴの安ホテルは窓の外には24時間高架の鉄道がガタンゴトン。やかましい事この上なし。

 それなのに「この音がしないと寂しい」と言わしめているのは、エルウッドがハーモニカ奏者だから。エルウッドを演じたダン・エクロイドは筋金入りのブルースおたくであり、本作の脚本執筆陣の一人。そこまで設定に盛り込んでいたとしても何の不思議じゃなかったりするんです。



 また、同じくブルースを描いた映画『クロスロード』ではジョー・セネカ演じる伝説のブルースマン、ウィリー・ブラウンが劇中でハーモニカトレインを披露しています。

 たった29曲で世界の音楽の歴史を変えたとまで言われているロバート・ジョンソンに「走ってってウィリー・ブラウンに伝えてくれ」と歌われた男(実際にはウィリー・ブラウンなる人物はハーピストではなかったらしいんですけどね)。

 この音(かなり上手です)をアテレコしているのは……誰だろう? サントラにソニー・テリーが参加してるから、もしかして?

 あ、ソニー・テリーってのはやはりブルースの一時代を築いた巨匠、盲目のハーピスト。このトレイン・イミテートを得意技としたお方。ご尊顔は同じく盲目のレイ・チャールズが『ブルース・ブラザーズ』で店主を演じたRay's Music Exchangeの外壁に大きく描かれてます。この画像中央のハーモニカを構えてる眼鏡のおじさんです。



 って、……うーん、この内容は整体院のブログとして適当なのだろうか? 

2016年5月20日金曜日

ソロ・ハーモニカで『Love Me Do』



 ハーモニカが趣味だというと高確率で「ねぇねぇ、アレ吹ける?」と質問される代表的な曲のひとつです。

 もちろん吹けます。ジョン・レノンの真似するだけなら誰だって少し練習すれば吹けます。ギター弾きに「ねぇねぇCのコード弾ける?」って聞くのと同じレベルの愚問(いや、もうちょっとだけ難しいかなw)。

 けどね、曲中のリフを吹いた後に「それから?」って顔をされるのが辛かったり。そんなぁ……私の後ろにはポールもジョージもリンゴもいないでしょ? ハーモニカの音は曲の中のひとつの要素でしかないの!

 しかしまぁ、そんなことが何回か続けば、私にだって考えがあります。この曲をソロ・ハーモニカとして再構成してみたりして。


 どうですか? 結構それっぽいでしょ? ここまでまとめるの大変だったんですよ。よしっ、次は『ピアノマン』だッッ!

2016年5月15日日曜日

肩甲骨リング


 なんともアヤシげなピンク色の物体、嫁さんの新しいオモチャです。とは言ってもご想像のようなイカガワシい代物ではないですよ。肩甲骨リングなるカインズホームのオリジナル運動器具。

 この手の物を欲しがったことなど殆どない嫁さんが、店頭でお試ししてみて「あれが絶対に欲しい」と。引き心地が絶妙なんだと。

 私も試してみて納得。かつてのバネ製のエキスパンダーだったり、ゴム製のトレーニングチューブとは違う感触。こりゃ気持ち良いや。

「これで二の腕を細くするの!」と日々頑張っている嫁さん。ま、整体師的には『部分痩せが出来る運動などない!』と言いたくなるところですが、そこはこらえて笑顔で「頑張りなさいよ」と。

 私も時々借りて運動。背中を渡すように握って、引いたり曲げたり。力を込めて肩や肩甲骨を動かすだけではなく、ゴムが縮む力を使ってストレッチ。引っ張られ具合がこれまた絶妙。こりゃ効くなぁ。

 で、気がつけばここ最近悩まされていた肩こりが大幅に軽減。私自身は肩関節や肩甲骨は人並み以上に柔らかく可動域も広いのですが、それでも自分では動かしきれておらず固まっていた筋があったということかな。

 肩甲骨リング、これオススメです。ちなみに強さは三種類あり、このピンク色は一番弱いソフトです。

2016年5月13日金曜日

知らんプリ?



 前にも書きましたが、どうも私は『失顔症(相貌失認)』の気があるようです。平たく言えば「人の顔が覚えられない」ってこと。

 開業9年目ともなれば、それなりの数の施術をこなしているわけで、出先ですれ違いざまに会釈をされて「あれ、今の人はどこかで見たような……」と引っかかりはするものの思い出せず、後日に来院され「先生、こないだカインズホームで奥さんと一緒に難しい顔して枕カバー選んでましたよね?」とか、「ピアゴで楽しそうに鼻歌歌いながらカート押してましたね」とか。

 これは余談ですが、ピアゴ店内で流れている「今日は私の誕生日 ママと一緒にピアゴに行って」って歌がなぜか大好きで、お店に行くとついつい口ずさんでしまうんです。「ピアピアピアピア、ピアゴ〜♪」

 また、私にとっては一回きりの施術であっても、患者さんにとっては、その一回で身体が楽になったことで強い印象を持たれて、突然「あ、先生! あの時はありがとうございました」と。私は必要以上にオタオタしながら「え? いつ? どの時?」と思わず眼が泳いだり。

 それとは逆に、出先で足繁く通ってくださった、あるいは今も通院してくださっている方を見かけることもあります。そんな時、私は帽子をいつもより目深にかぶり、静かに、目立たないように。

 これでもプロです。その方の立ち姿、歩く姿を見れば、私がどの程度お役に立てたかくらいは瞬時に判断できます。そこでどんな判断を下したは私だけの秘密であり、また、そんな場で「やぁやぁ◯◯さん、お加減はどうですか?」と話しかけられるほど面の皮は厚くないんです。

 だからね、もし街中で私を見かけても生温かく捨て置いてくださるとありがたかったりいたします。また、私と遭遇しても「あ、先生私に気が付いてくれなかった」とお思いの方も、上記の通り『気付かないフリ』をしているのかもしれないので、どうぞ画像のジャギさまの如く詰問されませぬよう。

2016年5月12日木曜日

朝から投入!


 年度末から明け、そしてGWと比較的お暇な時期はあっという間に過ぎ去り、日々お仕事に汗を流している院長です。毎日クタクタでブログを更新する余裕もありゃしない。

 今朝は疲れた身体に鞭打つべくユンケル投入。

 バブル時代の尻尾を東京で過ごした私には、ユンケルといえばオールナイトの夜遊びの前に飲むものというイメージが強いので、早朝から溜息をつきながらキャップを開けている自分が何となく可笑しいやら不思議やら。

 ま、しかしこれが正しい中年(初老と綴りそうになって、さすがにそれは止めた)の姿かねぇ。

 さて、今日は朝一番の出張施術からスタートです。空元気も元気のうち、張り切って参りましょう!

2016年5月7日土曜日

一華開五葉


 本日千客万来。有り難くも気持ち良くお仕事をさせていただき、程よい汗と疲れをもって業務終了。今宵も酒が旨いでしょう。

 タイトルは禅の初祖、達磨大師が亡くなる直前に御弟子さんに遺したという言葉の一部。施術室に掲げてあるカレンダーから。ちなみにこの墨跡カレンダー、お馴染みさんであるお寺の奥様よりの頂き物で、毎年秘かに楽しみにしているのです。


一華開五葉 結果自然成

 文字通りに読み下せば『一華五葉を開き、結果自然と成る』。「五葉」とは「五つの花弁」の意。さて、これがどんな意味を含んでいるのか……は、所謂『禅語』だけに軽々に私が解釈するのは烏滸がましいことではあるのですが……やはり、ふと思うのは「俺って花を咲かせてる?」って自問自答。

 どこへ行っても、何をやっても長続きせず、常に言い訳と恨み言ばかりを口にしていた私が、気付けば店を開いて9年目。それも、そこそこ楽しくお仕事させて頂いているのだから、これは『結果自然と成っ』たのでしょうか? いやいやわからんぞ。明日の朝には持てるだけの一切合財をバイクの後ろに括り付けて高飛びするかも?

 そんなことをウダウダと考えていたら、以前読んだマンガに出てきた子供とオヤジのやり取りを思い出しました。

「やりたいことがどうしてもできなかったら、どうしたらいいのかな?」と不安な子供。

 オヤジは言います。「おまえさぁ、できないできないばっかり言うなよ。何ができないかなんてのは大したことねぇぞ。大事なのは何ができるか、なんだ」

 そして、オヤジは続けます。

「オレたちは何のためにメシを食ってるんだ? またメシを食うためじゃねぇだろう。自分にできることを探してるのさ。世の中はみんなそれを探してウロウロしてるんだ」

「いいか、できなかったら、別のことをやれ。それもできなかったら、別のことをやれ」

「でも……一生何もできなくて、別のことばかりをやってたらどうなるのかな?」

「別なことばっかりやってる一生? それも悪くねぇだろ。まぁ枝ばっかりある木みてぇなもんさ」

 多分、私はオヤジの言うところの『枝ばっかりある木』です。大輪の花を咲かせることも、太い幹の大樹となることもできないでしょう。しかし、クネクネのヘロヘロで、綺麗な花を咲かせることもなく、それでも人知れず根を張り、背伸びも無理もせず、自分にできることだけをやって、誰かのお役に立てているとしたら、これはこれでアリかな、と。

2016年5月4日水曜日

酔った勢いw


 某大御所ハーピストが「酒に酔ったくらいで演奏できないような奴はハーモニカ辞めちまえ!」と言ったとか言わないとか。ま、その方はほとんど飲酒しないそうですが。

 お酒とハーモニカ、どっちも大好きで天秤にかけるなんて絶対にできない私。なるほど、だったら呑んで練習しよう! ……と、ビール2本と焼酎3合を空けてのほろ酔い(ベロベロ?)で高歌放吟。お気に入りの帽子被ってレイバン掛けてノリノリ。こんなのアップして、明日の朝後悔するんじゃないかなぁ?

 曲はジョニー・ギター・ワトソンの『ギャングスター・オブ・ラブ』。フーチークーチー・スタイルと言われる16小節ブルーズです。

2016年5月3日火曜日

ゴールデンウィーク中のお休みについて

日頃よりあしたか気功整体院を
ご愛顧ご用命くださいまして
誠にありがとうございます。

ゴールデンウィーク中は
5月3日(祝)のみお休みをいただきます。
他の日は普段と変わりなく営業しております。

施術依頼のご予約お待ちしております。


 私の実家は商売をやっております。子供の頃、お休みの日には他の家の子は家族で行楽に出かけるのに、我が家は土日祝日関係なし。それが羨ましくて「よそはお休みしてるのに、どうしてうちは休まないの?」と。

 母曰く「人が遊んでる時こそ働かなきゃ」

 私は「じゃあ、人が働いてる時には遊んでいいの?」

 母は「人が働いてる時には、それ以上に働くの!」

 自分で商売を始めてみて、この母の言葉がしみじみ理解できたような。



2016年5月2日月曜日

音楽の前に音学?


 ビートルズの『イン・マイ・ライフ』という曲をハーモニカでコピーしようと突然思い立つ。

 歌の部分は耳コピでサラッと完了。何百回と聴いている大好きな曲なので、これで音が取れなかったら音楽など止めるべきだろうw 

 んで、これだけだとつまらないので、間奏のチェンバロ(ハープシコードだっけ?)の演奏もなぞってみる。




 これは耳コピというわけには行かず、納戸から古い楽譜を引っ張り出す。奥付には1995年発行とある。我ながら物持ちが良いねぇ。

 件のパートをコピーすると、おもむろに五線譜を数えていく。「えーっと、この音はCのDの…E…F♯か」

 やってることが小学生の音楽の時間から変わってない。書き込んでいるのが『ドレミ』か『CDE』かの表記の違いだけ。さすがに8年以上ハーモニカのレッスンでわからないなりに楽譜とにらめっこし続けたので音の長さやリズムなどは読譜できるようになったが、オタマジャクシをパッと見て「五線譜のここはこの音!」と言い当てることはまだ無理。

「私の音楽の素養がこんな体たらくなのは、学校教育が悪い!」とプンスカして見せたら、元吹奏楽部の嫁さんが「そういう基本的なことは必ず教わっているはず。あなたが出来ないのは忘れたか、覚えようとしなかっただけ。出来るようになりたかったら勉強し直しなさい」とバッサリ。

 仕方ないので『よくわかる』とか『サルでもわかる』とか『マンガでわかる』と銘打たれた楽典や音楽理論の入門書を読み漁る日々。老眼に抗いながらのアラフィフの手習い。ま、楽しいけどね。

2016年5月1日日曜日

八十八夜



「八十八夜ですから」と患者さんから新茶の差し入れ。お茶どころ静岡ならではの季節の風情。院長は飲み物と言えば日本茶か焼酎かの二択ってぐらいに日本茶大好き。嬉しいなぁ。ありがたいことです。


 そしてもう一つ。「僕はもう使わないんで、良かったら使ってください」とバイク仲間から三脚を頂きました。お久しぶりのはずなのに、なんで私が三脚欲しがってるの知ってるの?

「ブログは欠かさずチェックしてますから」とニヤリ。のらきむさん、ありがとうございます。この三脚を使って、立派なユーチューバー(?)になれるようにガンガン演奏を自撮りしますw