2016年7月29日金曜日

靖國よりの使者?

 本日暇暮らしで午前中はお茶挽き。グダグダしていると玄関チャイムがピンポーン♪

「あれ、ヤクルトさん?…は昨日だよなぁ」と戸を開けると、当院のお馴染みさんであり、ハーモニカ仲間でもある美容室の先生が。「え? 予約受けてたっけ? もしかして泥酔時に電話を受けてメモるの忘れてた?」と泡を食う私に、おどけた調子で「はいっ! 靖國さんからのお遣いです」とビニールの手提げ袋を差し出すと、サッと踵を返して小走りで去っていく。

「あ、あ、あ、ありがとうございます!」と、その背中に声をかけ、お辞儀をするのが精一杯の私。



 袋の中には先日の『みたままつり』での頒布品と、おそらくはその時に配っていた陸海空自衛隊のパンフレット及びノベルティグッズが。

 靖國神社にお参りした際に、私の分まで頂いてきたくださったのでしょう。なんと有り難いことでしょうか。

 早速、壇蜜女史が各隊制服姿で敬礼している自衛官募集のフライヤーを院のコルクボードに掲示し、陸海空各隊の募集パンフレットは待合スペースのテーブルの上に。ボールペンやシールやハンカチ、絵葉書は当院に通ってくれている若い子たちに配るといたしましょう。

 私自身が自衛隊リクルーターになったつもりはないですが、こうすることで、国を守る『防人』たちの真摯な姿を一人でも多くの人に見て欲しいな、と。自衛官にはどのような職種があり、どのような活動をしているのか、パンフレットには分かりやすく書かれています。ご来院の際には是非ともお手にとってくださいますよう。

2016年7月26日火曜日

ポケモンGOの地域格差w

 話題になってるので一応ダウンロードしてみました。

 さて、当院の近辺はどのような状態なのでしょうか。


 はい、予想通りです。見事になーんにもありません。ポケステ? レアポケモン? 何それってな感じです。地図上にははるか彼方にジムが一つ表示されるだけ。これは根方街道にある簡易郵便局か、その向かいのお寺さんでしょう。

 システムとして面白そうだったので、散歩でもしながらポケモン集めを……と思っていたのですが、これではねぇ。そもそも私が白衣を着たままスマホ片手にウロウロしてたらご近所で何と言われるやらw

 麻生副総理が「ポケモンGOで引きこもりの若者が外に出た例が」とおっしゃっていたようですが、私の業態的には院に引きこもって依頼を待つことが仕事の基本。施術や患者さんを放り出してフラフラと歩きまわってちゃ逆に問題なワケで、いずれにせよ私には向かないゲームですねぇ。

2016年7月24日日曜日

ありがとうございます。


 木金土と目の回るような忙しさでした。まるで私が九州ツーリングから帰ってくるのを待ちかまえていたように施術依頼が次々と。全くもって有り難いことです。

 今まで無我夢中でやってきた甲斐あって、なんとか皆さんの期待に応え、少しづつでも信頼を得ることができている……のかなぁ? いずれにせよ、これに驕らず日々を大切に、一人一人としっかり向き合っていきましょう。

 画像はお馴染み様よりのプレゼント。普段には手が出ないような上等な焼酎。「お湯割にするならコレだって酒屋さんが言ってたから」と、世間話にちょろっと漏らした好みの呑み方まで覚えていてくださっていました。恐縮です。しっかり味わって頂きます。

2016年7月22日金曜日

2016九州ツーリングのご報告


 去る7月14日から20日まで、丸一週間のお休みをいただいての里帰りを兼ねた九州ツーリングより無事に帰着いたしました。

 出会い再会あり、驚き感動あり、期待はずれのガッカリや、ちょっとしたトラブルも。ま、それら全てをひっくるめて『旅』ですから良しとしましょう。無事に帰ってこれたのが何よりの収穫です。

往路は大阪泉大津よりフェリーで門司へ。

福岡の海の中道にて。

熊本で馬刺し三昧。球磨焼酎と肥後もっこすの人情に酔った夜。
大観峰はあいにくの雨。
やまなみハイウェイは霧で真っ白。
五里霧中wをベソかきながら走る。

約30年ぶりに訪ねた大分は母の実家。
いとこ会にて隠し芸のハーモニカ披露。

実家にて。親父は相変わらず。元気で何より。

酷暑の中駐車場から20分歩いて本州最南端佐多岬到達。

フェリーで錦江湾を渡り指宿へ。

知覧の特攻平和記念館。
語り部さんのお話に耳を傾ける。

復路は宮崎港から神戸へ。

一週間存分に走り回った証は脹脛の火傷。
エンジンの熱でこんがりロースト。

 なお、私のツーリングの裏テーマとして、出向いた先の神社に参拝して御朱印を頂くってのがあるのですが、今回も以下の通りお参りして来ました。

時間が足りずに名物三輪素麺は味わえず。

最奧にある高宮祭殿は神気溢れるパワースポット。
同地出身である出光佐三との縁も深い。

良くも悪くも観光スポット。
台湾美女多数。ミニスカで目の保養w
焼きたての梅ヶ枝餅は美味かった。

些少だけど再建のための奉賛を。
新しい御朱印帳もこちらで頒布頂く。

日向一ノ宮。御祭神は大己貴神。
いわゆる大黒様。

念流と陰流、日本剣法発祥の地。
『鵜戸さん参り』は日本最古の新婚旅行。

瓊瓊杵命を御祭神とする
言わずと知れた天孫降臨の地。

 かの地でお参りしたかった神社の半分も廻れていない。再訪は決定なのだけど、今度は春か秋に行こう。夏場の九州はバイクには過酷すぎる。私の故郷ってこんなに暑かったっけ?

2016年7月13日水曜日

旅とパンツ


 今日は朝一番から大忙しで、やっと今ひと息。

 お馴染みの患者さんが「先生が留守にする前に診てもらおう」と次から次に。帰り際には「これで一週間保たせますから無事に帰ってきてくださいね」とも。さらにはこの後にもう3件の施術。年に数度しかない時間外業務も決定です。

 いやはや何とも療術家冥利に尽きるとはこの事です。吹けば飛ぶよな小さな整体院、一週間も店を閉めていたら患者さんは他所へ逃げていっちゃうんじゃないか……と不安で仕方なかったのですが、杞憂だったのかも。

 開院してもうすぐ丸9年。まだまだ及ばぬところばかりではありますが、皆様から相応の信頼を得る事が出来ているようです。ありがたいねぇ。

 そんな大繁盛のおかげ(?)で予定していた買い物に出られず。暇を見て、明日履くパンツを買ってこようと思っていたのです。

 子供の頃、下着を新調するのは決まって何事かの『お出かけ』の際でした。家族旅行だったり、遠足だったり、修学旅行だったり。母親が新しい肌着にパンツ、靴下を出してくれるのが恒例。今思い返せば『家の外で万が一の事態となった時に恥をかかないように』との想いが込められていたのかもしれません。

 ま、明日は手持ちの中から新し目のパンツを履いて出かけることにして、『万が一』の事態に陥らぬよう、いつもに増して安全運転に徹することにしましょう。


休診のお知らせ

7月14日〜20日
あしたか気功整体院は
休診とさせていただきます。
御不便をお掛けいたしますが、
何卒ご容赦の程お願い申し上げます。

2016年7月5日火曜日

白湯のススメ

 梅雨明けを待たずして猛暑日に熱帯夜。随分と日本の夏も厳しくなったもんです。水分、しっかりと摂っていますか?

 特に朝は就寝中の発汗により、体内の水分が不足しがちです。起きたらすぐに水分補給しましょう。



 院長のオススメは起き抜けに『白湯』を一杯。なぜだか私は電気ポットのお湯が苦手で、今も薬缶を火にかけてグラグラする派。

 え? 暑くてお湯なんぞ飲んでられない? そりゃキンキンに冷えたアイスウォーターは美味いでしょう。この酷暑には「体内から身体を冷やす」効果もありますし。しかし、水分補給として見ると及第点以下。

 人間の身体は基本的に『体温以下の冷たい飲食物』を吸収消化するようには創られていません。これは全ての動物共通なのですが、消化器官は常温〜体温程度の飲食物を一番効率的に体内に吸収することができるのです。

 つまり、冷たい水を飲んでも、まずそれが胃腸の中で体温によって温められるまで充分な吸収は始まりません。タイムラグが発生するのです。

 白湯であれば、この時間差なくして速やかに水分を補給することができます。胃腸を内側から温めることによってお通じを促す効果もありますよ。

 まぁ、これだけ暑いと冷えたのをキューッとやりたくなる気持ちも分かりますが、朝一番の一杯だけは『白湯』を試してみてください。

追記:呑んべにはよく知られた『冷酒は二日酔いしやすい』ってのも理屈は上記と同じ。冷たい酒(アルコール)を吸収分解するには、まず体内で温める時間が必要になってくるのです。その時間差によって吸収分解が翌朝に持ち越されて起こるのが二日酔いなのです。

 ちなみに院長は夏も冬も晩酌は『焼酎のお湯割』一択。このスタイルにしてから10年近く、ほぼ毎晩結構な量を呑んでいますが二日酔いになったのは片手で数えるほど。ま、これは酒を味わうというより、身体に負担なく酔いたいからなので、誰にでもオススメはできませんがね(汗

2016年7月3日日曜日

今宵もどこかで涙の匂い



 本日もぼちぼちの商いにて業務終了。ここ数日、首の凝りや張りを訴える女性の患者さんが次々と。これも梅雨病みの一種なのかなぁ。

 仕事の合間には本日届いたばかりの『夜廻り猫』をパラパラと。深谷かほるさんという漫画家さんが、誰に頼まれたわけでもなく、ただ描きたいから描いて、ツイッターにアップした1ページ漫画。多くの人の共感を呼び、ついには出版に至った一冊。

 主人公は人語を解し、二足歩行する遠藤平蔵なる黒猫。頭に猫缶を乗せ、ドテラを羽織って「泣く子はいねが〜」と夜の街を彷徨う。涙の匂いを嗅ぎつけると「もし、そこなおまいさん、なぜに泣いておる」とお節介にも声を掛け……。

 こう文章にすると何とも珍妙だけど、非常に味わい深く、グッと来たり、ウルッとしたり、ニヤッとなったり。

 遠藤平蔵は喋ろうが歩こうが基本は猫だから、彼に悩みを打ち明けても魔法や超能力を使って解決したりはできないし、物事が必ずしも良い方へと向かうわけではない。それもまたいい。いや、それがいいッッッ!

 本になって改めて見返してみると、半ば殴り書きのような第一話でそのことに言及しており驚いたりして。猫好きの方も、そうでない方も、オススメの味わい深い一冊です。

追記:一方こちら、我が家の『夜廻り』ならぬ『夜遊び』猫こと楽太郎は……



 マタタビ入りのオモチャを抱えてゴロンゴロン。お前は悩みがなさそうでいいなぁ〜w それとも「苦い涙が流れたら、気づかぬふりをしてやるだけさ」ってスタンスなの?

2016年7月1日金曜日

『とと姉ちゃん』とWGIP



「早く戦争終わらないかなぁ〜」と、毎朝ひとり愚痴る院長。いや、現実ではなくてNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』のことね。


 NHKのドラマの戦時中の描写って、相も変わらず、どうにもこうにもWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム。GHQによる戦争についての罪悪感を日本人の心に植え付けるための宣伝計画)そのまんまで見てて辛い。あの時代を生き抜いた人への冒涜とさえ思えるのです。


 「嫌なら見なきゃいいじゃないか」と、一時有名になった文句がありましたが、それはいたしません。だって、高畑充希ちゃんが演じる「とと姉ちゃん」が可愛くて可愛くて、仕方無いんだもん。ストーリー二の次で、この子のクルクルと変化する表情をずーっと見ていたいのです。


 朝ドラ前々作の『ごちそうさん』で「馬助印の焼き氷ぃ〜♪」と歌っていた頃からのファンなのです。


 嫁さん曰く「あなたは小柄で狸顔の女の子好きだもんねぇ」と。まぁ、その通りです。そう言う嫁さん自身がそうだからねw


余談:出版社勤めのとと姉ちゃんが編集部で雑誌を作るシーン。『ゲラ』、『初稿』、『割付』、『カット』、『校正』、『アカを入れる』などなど、ずっと以前に業界に携わった人間としては懐かしい言葉が出てきましたが、コンピューターを使ったDTP(デスク・トップ・パブリッシング)が主流となった現在、このセリフを聞いて何を言っているのか理解できる人がどれだけいるんでしょうねぇ。