2017年7月28日金曜日

向き、不向き



「鍼に通ってるんだけど、ちっとも良くならなくて」と、腰をかがめた腰痛の患者さん。伸ばしたり反らすと辛いとのこと。

 いつもの通りの施術。来院された方ならご存知でしょうが、当院の施術は仰向けになったり、うつ伏せになったり、椅子に座ってもらったり、身体を捻ってもらったりと、少々注文が多うございます。『腰が痛い人にそんな動きをさせるなんて!』と思うでしょ? ところがどっこい、施術の手順には、それさえも織り込み済み。

 術後に患者さん曰く「やってもらってる最中から、動くのがどんどん楽になってくるのがわかりました」と。動作確認してもらうと琴奨菊ばりに思いっきり弓ゾリになって「全然痛くないです」と笑顔。

 上記は良くあるケース。はっきり言いますが、腰痛に関しては鍼灸よりも当流のような整体整骨術の方が適しているし即効性があります。

 これは私自身の体感ですが、急性慢性問わず腰痛の原因の約八割は骨盤の歪みと腰椎関節突起のズレが原因です。鍼灸がどんな理屈理論で腰痛に対処しているかは良く知りませんが、これをあの細い鍼だけで動かそうと思ったら、よほどの段取りと時間が必要なことでしょう。

 だったら、少々野蛮で乱暴ではありますが、直接骨に指をかけて「エイヤッ!」とばかりに動かしてしまった方が手っ取り早いのです。

 とはいえ決して鍼灸を否定しているのではありません。鍼師にも漫画『ブラック・ジャック』に登場したキャラクター琵琶丸のような凄腕の療術家がいるとも聞き及んでいます。ただ、どんな医術療術にも『向き、不向き』があります。私も良くこんな冗談を言います。

「手や足がポッキリ折れて、骨が皮膚を突き破っているような状態で『先生治して』とうちへ来たって駄目ですよ。そんな時こそ、◯◯さんが『腰が痛いって言ってるのに、人の顔を見もしないでパソコンの画面を覗き込んで、出すのは鎮痛剤と湿布薬だけ』といつもブーブー文句を言ってる整形外科医さんに駆け込まなきゃ」

 それでも、これまでに腰椎圧迫骨折で来院された方が3名、肩鎖関節完全脱臼で来院された方1名。いずれも、すぐに「俺じゃ手に負えんわ。すぐに病院に行って! 何なら今ここに救急車呼ぶッッッ!」と。もちろん、いずれの方からもその際の施術料を頂いておりませんが、いずれの方からも、今においても厚い信任をいただいております。

0 件のコメント: